NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctメイン作例写真

SCROLL

NEW

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S
Noct

S-Line

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

人の眼を超える明るさの大口径単焦点

  • NIKKOR史上最も明るい開放F値0.95の大きく美しいボケ
  • 絞り開放から発揮される、ピント面での卓越した解像力
  • サジタルコマフレアを抑制した画面周辺部までの高い点像再現性
  • ナノクリスタルコート、アルネオコートによる優れた逆光耐性

※ニコンカメラ用の交換レンズにおいて

  • AC
  • FX
  • N
  • ED
  • AS

S-Line

「写真家のイマジネーションに直結する」

星を星として、点像を点像として捉える。それがこのレンズの最大の特性だ。画面周辺部までのゆるぎない解像感、徹底したサジタルコマフレアの抑制などには目を見張る。天体望遠鏡に迫る大口径と10群17枚というレンズ群のなせる技であろう。さらに0.95という極めて明るい開放F値が驚くほどなめらかで美しいボケも生み出してくれる。かつてない解像力とボケが生み出すリアルな立体感。それは私の眼の限界を超え、撮影の自由度を大きく拡げていく。このレンズは写真家のイマジネーションに直結する。

写真家茂手木 秀行

1962年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、出版社マガジンハウス入社。「クロワッサン」「ターザン」「ポパイ」「ブルータス」の撮影を担当。2010年からフリーランス。2004年/2008年雑誌写真記者会優秀賞。

茂手木 秀行プロフィール写真
茂手木 秀行×NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct • 画質モード:14bit RAW • 撮影モード:マニュアル • シャッタースピード:3秒 • 絞り:f/0.95 • ホワイトバランス:色温度(4000K) • ISO 感度:3200 • ピクチャーコントロール:スタンダード

中央アルプスの宝剣岳に沈むペルセウス座二重星団。画角周辺まで星が点に写るのがこのレンズの素晴らしい特徴だ。開放のF値0.95なら、より短い露光時間で星の動きを止めて撮ることができる。天体望遠鏡を思わせる大口径レンズは、密集して煌めく星々を美しく描き出した。

茂手木 秀行×NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct • 画質モード:JPEG Fine (8-bit) (画質優先) • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード:1/800秒 • 絞り:f/0.95 • ホワイトバランス:オート0 • ISO 感度: 64 • ピクチャーコントロール:風景

冬の北八ヶ岳。標高2300mでは、強い風が霧氷を生み出す。フォーカスを合わせたのは100mほど先だった。その奥は緩やかに、だがしっかりとぼけていき、大きな距離の変化を感じることができる。開放から発揮される高解像と美しく滑らかなボケによって、冬の造形の厳粛さと遥かなアルプスの連なりを対比させた。

Gallery

NIKKOR Z Technology

本レンズに搭載の注目テクノロジー

大口径研削非球面レンズ

レンズ構成は10群17枚。その中の非球面レンズには、NIKKORレンズ初となる大口径研削非球面レンズを搭載しています。レンズ素材には、ガラスモールド非球面レンズでは採用が難しいとされる高屈折率硝材を使用し、面精度の高精度化により高い収差補正能力を達成しています。

アルネオコート

レンズ面に垂直に入射する光に対してナノクリスタルコートと同等以上の威力を発揮し、ナノクリスタルコートと併用することで、入射光に起因するゴースト、フレアを効果的に低減します。

アルネオコート比較写真:他社製レンズ

他社製レンズ:ゴーストが目立つ

アルネオコート比較写真:アルネオコート搭載レンズ

アルネオコート搭載レンズ:ゴーストが目立たない

More Technology

News

STM(ステッピングモーター)

レスポンスと制御性に優れ、動画撮影時の静粛性も高いパルス電力モーター

ナノクリスタルコート【Nano Crystal Coat】

ゴースト、フレアを低減したクリアーな画像が得られる

EDレンズ【Extra-low Dispersion Lens】

色にじみ、色収差を効果的に低減する

非球面レンズ【Aspherical Lens】

ディストーションや球面収差など諸収差を効果的に補正する

M/Aモード

素早くマニュアルでピントを調整できる

IF方式【Internal Focusing】

中間のレンズ群を駆動してピントを合わせる方式

ED非球面レンズ

色収差補正と各種収差補正を両立する

RF方式【Rear Focusing】

後群のレンズを動かしてピントを合わせる方式