NIKKOR Z 20mm f/1.8 Sメイン作例写真

SCROLL

NIKKOR Z20mm f/1.8 S

S-Line

NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

被写体を捉えきる
ダイナミックな視野

  • 無限遠から至近まで、絞り開放から発揮される高い解像力
  • 絞り開放から画像周辺部までの高い点像再現性
  • サジタルコマフレアなどの収差を徹底抑制
  • 超広角でありながら、美しくなめらかなボケ味
  • マルチフォーカス方式採用で、至近距離でも効果的に収差を抑制

S-Line

「開放からの端正な星像に心が躍る」

星景写真はカメラの高感度性能だけでなく、レンズの限りなく高い開放性能が要求される究極の世界。求められるものは、日周運動による星の流れを止めるための短い露出時間にどれだけ暗い星まで写せるか、しかも捉えた星は画面周辺まで点像であること。注目したいのは、f/1.8という開放F値の明るさもさることながら、開放で得られる端正な星像である。無限遠で画面周辺に至るまで収差による星の肥大がほとんど見られないだけでなく、有限距離にある地上の風景が、ここまで美しくボケてくれる広角レンズは稀有だろう。これからの星景撮影のパートナーとするにふさわしい能力である。

写真家、写真技術研究家山野 泰照

1954年、香川県生まれ。1970年代から天文雑誌での作品発表や記事の執筆を行う。2000年以降、デジタルフォト、デジタル天体写真に関する発表や記事を多数手掛け、著書として「驚異!デジカメだけで月面や土星の輪が撮れる—ニコンCOOLPIX P900天体撮影テクニック」などがある。一般社団法人日本写真学会(SPIJ)会員。

山野 泰照プロフィール写真
山野 泰照×NIKKOR Z 20mm f/1.8 S作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 20mm f/1.8 S • 画質モード:14bit RAW • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード:1/2500秒 • 絞り:f/1.8 • ホワイトバランス:色温度(3600K) • ISO 感度:オート(64) • ピクチャーコントロール:スタンダード

静かに日没を迎える中でシャッターをきった。絞りによる回折効果の光芒を出したくなかったので絞りは開放に設定。画面中心の対称位置に夕陽のゴーストが出ても不思議ではない状況だが、それらはまったく見られない。そのおかげで、美しく静寂なイメージを表現することができた。

山野 泰照×NIKKOR Z 20mm f/1.8 S作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 20mm f/1.8 S • 画質モード:14bit RAW • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード:8秒 • 絞り:f/1.8 • ホワイトバランス:色温度(5200K) • ISO 感度:オート(5000) • ピクチャーコントロール:風景
※インターバル撮影機能を用いて低輝度測光限界拡張

金星と冬の大三角、プレアデス星団やヒヤデス星団まで画面に収めることができるのが20mmという焦点距離の強みだ。絞り開放のf/1.8なら、露出時間を抑えて無数の星をより美しく捉えることができる。夜はまだ浅く、地平線の残照と次第に数を増す星々との対比が印象的な表現となった。

山野 泰照×NIKKOR Z 20mm f/1.8 S タイムラプスムービー

<タイムラプスムービー>
星景写真と同じ撮影方法で連続撮影し、タイムラプスムービーに仕上げることもまた楽しい。20mmという超広角で画面隅々までの高い解像力を持つこのレンズなら、多くの星雲や星団が克明に写る。丁寧にノイズ処理をして階調などの画質を調節すれば、天の川にある多くの星雲や星団をさらにリアルに再現できる。

Gallery

NIKKOR Z Technology

本レンズに搭載の注目テクノロジー

マルチフォーカス方式

AF駆動系を「マルチフォーカス方式」とすることで、一般的に収差が発生しやすいとされる至近距離の被写体の撮影でも収差の少ない優れた解像力を実現。

マルチフォーカス方式イメージ画像

2組のAF用駆動ユニットの連携で
2つのフォーカス群の位置をミクロン単位で制御。

本格的な動画性能

フォーカシング時にピント位置の移動に伴って画角が変化する「フォーカスブリージング」の抑制や、静粛なレンズ操作とAF駆動など、動画撮影への数々の配慮が施されています。

フォーカスブリージング 比較ムービー

More Technology

News

STM(ステッピングモーター)

レスポンスと制御性に優れ、動画撮影時の静粛性も高いパルス電力モーター

ナノクリスタルコート【Nano Crystal Coat】

ゴースト、フレアを低減したクリアーな画像が得られる

EDレンズ【Extra-low Dispersion Lens】

色にじみ、色収差を効果的に低減する

非球面レンズ【Aspherical Lens】

ディストーションや球面収差など諸収差を効果的に補正する

M/Aモード

素早くマニュアルでピントを調整できる

IF方式【Internal Focusing】

中間のレンズ群を駆動してピントを合わせる方式

ED非球面レンズ

色収差補正と各種収差補正を両立する

RF方式【Rear Focusing】

後群のレンズを動かしてピントを合わせる方式

蛍石レンズ【Fluorite Lens】

望遠レンズの優れた色収差補正と軽量化を実現する

手ブレ補正

手持ち撮影で起こりがちな、手ブレによる画像のブレを効果的に軽減する。