る、

SCROLL

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

S-Line

解像力と機動性を両立した
オールマイティーズーム

  • 絞り開放から画面隅々にわたる高い解像力を実現
  • 近接撮影による表現が可能な、ズーム全域0.3mの最短撮影距離
  • 広角24mmから中望遠70mmまでをカバー、開放F値はズーム全域f/4で一定
  • 小型・軽量で高い防塵・防滴性能が撮影フィールドを拡げる
  • FX
  • STM
  • N
  • ASED
  • ED
  • AS
  • M/A
  • IF

「私の心の動きに、
ズーム全域で応えてくれる」

一日中、街を歩きまわり心に触れるシーンを主にモノクロで撮り続ける。まず、このレンズは軽さとコンパクトさで応えてくれた。そしてモノクロだからこそ被写体の質感を活かし、写真全体の空気感を大切にしたいと考えている私にとって、ズーム域すべてで画面隅々まで高い描写力を発揮するこのレンズはとても頼もしい。さらに被写体へ30cmまで近寄れる最短撮影距離によって、これまでの表現がさらに拡がった。NIKKORならではのボケの美しさは言うまでもない。

写真家秋山 華子

1983年、奈良県生まれ。 大阪芸術大学写真学科卒業、同大学研究課程修了、同研究室勤務。その後、写真家・織作峰子氏に師事。「日常の息づかいと痕跡」をテーマにスナップ、風景を撮影し作品制作を続けている。

• カメラ:Z 6 • レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/4 S • 画質モード:14bit RAW • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード: 1/40秒 • 絞り:f/8 • ホワイトバランス:晴天 • ISO 感度:400 • ピクチャーコントロール:モノクローム

街角でみつけた古いキャビネット。その埃や傷、装飾を写し止めたくて焦点距離を70mmにし、さらに最短撮影距離の30cmまで寄った。フォーカスした陶器の人物画は極めてシャープ。そして取っ手には緩やかなボケを描いてくれた。

• カメラ:Z 6 • レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/4 S • 画質モード:14bit RAW • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード:1/100秒 • 絞り:f/4 • ホワイトバランス:晴天 • ISO 感度:100 • ピクチャーコントロール:モノクローム

ショーケースの花たちとガラス面の結露が重なって、とても静かな印象。全体がふんわりと柔らかい雰囲気に仕上がるよう、絞りは開放のf/4に。このレンズはピント面から滑らかに溶けるようなボケがとても美しく、私が頭の中で描いていた理想を一枚の写真に仕上げてくれた。

Gallery

NIKKOR Z Technology

本レンズに搭載の注目テクノロジー

高画素カメラに対応する
優れた光学性能

ED非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚、非球面レンズ3枚を採用。無限遠から近距離にかけての収差変動を抑えた光学設計により、ズーム全域で、画面中心から周辺までシャープで均質な描写が得られます。

レンズ構成図

  • :EDレンズ
  • :非球面レンズ
  • :ED非球面レンズ

本格的な動画性能

フォーカシング時にピント位置の移動に伴って画角が変化する「フォーカスブリージング」の抑制や、静粛なレンズ操作とAF駆動へのなど、動画撮影への数々の配慮が施されています。

More Technology

News

STM(ステッピングモーター)

レスポンスと制御性に優れ、動画撮影時の静粛性も高いパルス電力モーター

ナノクリスタルコート【Nano Crystal Coat】

ゴースト、フレアを低減したクリアーな画像が得られる

EDレンズ【Extra-low Dispersion Lens】

色にじみ、色収差を効果的に低減する

非球面レンズ【Aspherical Lens】

ディストーションや球面収差など諸収差を効果的に補正する

M/Aモード

素早くマニュアルでピントを調整できる

IF方式【Internal Focusing】

中間のレンズ群を駆動してピントを合わせる方式

ED非球面レンズ

色収差補正と各種収差補正を両立する

RF方式【Rear Focusing】

後群のレンズを動かしてピントを合わせる方式