Nikon Imaging
Japan

青い妖精、ネモフィラ花・植物

ひとつひとつは小さくそれほど目立つ花ではないネモフィラですが、群落になるとやはり迫力があります。青い空の色がそのまま地上に降りてきたようなブルーは、まさに「青い妖精」と呼べるものではないでしょうか。

こちらに花芯を見せている手前の花をメインに撮影。奥の1本の木と青い空に伸びる2本の飛行機雲を脇役にしてみました。超広角レンズを使い、カメラをネモフィラの高さまで下げて撮っています。
コントラストをつけるため、円偏光フィルターを利用しました。

撮影時のポイント

  • 超広角レンズの広がり感
  • 円偏光フィルターを使用し、反射を抑え青空のコントラストを増加
  • やや斜面になっているところのネモフィラにフォーカス

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
焦点距離:18mm
絞り値:f/9
シャッタースピード:1/500秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

広角ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

画角100°(FXフォーマット時)の超広角域からの約1.9倍超広角ズームレンズ。約385gと軽量コンパクトで機動性の高い撮影が可能。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

青空を入れないよう、カメラを下向きにしてネモフィラのみを狙いました。f/8まで絞っていますが標準レンズでピントを手前に合わせているため、奥までパンフォーカスにはなりません。
咲き具合に変化のある斜面を選び、見学の人々を少し入れアクセントにしました。

多重撮影にて撮影。1枚はピント合わせをオートで行い、もう1枚はピント合わせをマニュアルにしてピントが外れた状態で撮っています。その2枚が重なった作品です。
ほんわかしたファンタジックな雰囲気を狙いました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る