Nikon Imaging
Japan

春光の中のチューリップ花・植物

春の代表的な花はいくつかありますが、色、形ともに変化に富んでいるのはやはりチューリップでしょう。春の暖かい光の中に咲く姿をしっかり捉えてみましょう。

透過光できれいに見えるような色、形のチューリップを選びます。少し背の高い目立つ花を主役にしました。逆光での色の濁りは禁物ですから、露出補正に気をつけましょう。

撮影時のポイント

  • 花の高さに合わせた低めのカメラ位置にて手持ち撮影
  • 花と色をきれいに表現するための思い切ったプラス(+1.0)の露出補正
  • 望遠レンズのボケ効果、圧縮効果を意識
  • 光が逆光気味になったタイミングで撮影

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:120mm
絞り値:f/3.2
シャッタースピード:1/1000秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

ズームレンズの望遠側を使い、ボケ効果を利用した一枚。手前の赤い前ボケと後ろの黄色のボケの間に、スポットライト的に光の当たった花を主役にしてみました。色の違いを意識しています。

明るい空を背景にし、露出を思い切ってオーバー(+4.0)にかけた一枚です。白っぽい背景に白いチューリップは目立ちこそしませんが、色に頼らない面白さもあると思います。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る

春の花、菜の花

このレシピを見る

スケール感を意識してネモフィラを撮る

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら