Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

サクラと菜の花の競演花・植物

春の花といえばやはりサクラです。そして黄色い菜の花も同じ頃に咲き競います。主役脇役をそれぞれどちらにするか悩みますが、さまざまなバリエーションで撮ってみましょう。雨の日のしっとりした感じもいいでしょうが、快晴の元、忠実な色再現をしたい被写体です。

主役は一枝のサクラです。背景に菜の花の黄色を配して色の対比を考えました。菜の花が強くなりすぎないよう、ズームレンズの望遠側でボケ効果を使いました。一枝は画面の角辺りから出すとバランスがよくなります。やや高い位置からカメラを手持ちして撮影しています。

撮影時のポイント

  • 絞りを開き(f/4)、ボケ効果を狙う
  • プラス(+1.0)の露出補正できれいなサクラと菜の花の色を再現
  • 忠実な色を表現できる快晴の日に撮影
  • 背景に菜の花が入るように撮影

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>
焦点距離:200mm
絞り値:f/4
シャッタースピード:1/640秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.0段
フォーカスモード:マニュアル(M)
ISO感度設定:ISO 200

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ブレ軽減効果が極めて高いVR機構(手ブレ補正効果4.0段※CIPA規格準拠)を搭載しています。最短撮影距離1.0m、最大撮影倍率1/3.6倍でクローズアップ撮影にも威力を発揮します。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

重なりの少ない菜の花を選び主役にしています。カメラをやや低い位置に構え、背景にサクラのピンク色と快晴の青空を入れた構図です。春らしい穏やかな雰囲気が伝わるでしょうか。

ピントは手前の菜の花に合わせていますが絞りをf/8まで絞ることによって被写界深度を深くして背景のサクラもある程度見えるように考えました。散策する人を小さく入れてサクラや菜の花のスケール感を表現しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る

春の花、菜の花

このレシピを見る

スケール感を意識してネモフィラを撮る

このレシピを見る

春光の中のチューリップ

このレシピを見る

人々の暮らしを彩るサクラ

このレシピを見る

やさしい雰囲気のサクラ

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員