Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

黄色い海を思わせる菜の花花・植物

2月の梅と4月のサクラの間を埋めるように一面の黄色い海のごとくに咲く菜の花は、やはり春の花の主役のひとつでしょう。一輪だけ撮るのもいいでしょうが、やはり群落として狙ってみたい気がします。

やや満開時期を過ぎた菜の花の群落でしたが、青空の下では充分絵になりました。円偏光フィルターを利用して反射を抑えコントラストを上げました。超広角レンズで主役の花にぐっと近づきつつも、たくさん咲いている様子を表現しています。やや低い位置から手持ちにての撮影です。

撮影時のポイント

  • 超広角レンズ(18mm)での「広角接写」的な撮り方
  • 黄色をきれいに出すため、露出補正をプラス(+1.3)設定
  • 背景に青空や雲が入るよう、少し見上げたアングル

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
焦点距離:18mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/500秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

広角ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

画角100°(FXフォーマット時)の超広角域からの約1.9倍超広角ズームレンズ。約385gと軽量コンパクトで機動性の高い撮影が可能。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

ズームレンズの中望遠のあたりを使って背景の菜の花の畝の線を意識しています。
大きなボケ効果を狙うため、絞りは開け気味。黄色い花なので露出はオーバー気味(+0.7)にしています。

小さな川沿いに菜の花が咲いていました。対岸の菜の花も水面に少し写り込んで、さざ波も僅かに発生し水面に変化がついています。
背景が明るい条件ですから、露出オーバー(+1.3)での撮影です。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る