Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ポピーのある光景花・植物

白、ピンク、赤といろいろなポピーの花が斜面を覆い尽くしています。春が来たことを、小さな子供のようなポピー達がワイワイガヤガヤと話し、喜ぶ雰囲気が感じられます。

どこまでも広がるポピーの大群落。その様子を捉えるならやはり広角レンズです。いわゆる広角接写で、カメラを手持ちして思い切り主役になるポピーに近づいて大きく撮りました。ピントは花芯に合わせています。絞りはあまり絞らず(f5.6)、背景をぼかしてみました。
花曇りで弱い光の時の撮影です。林を画角におさめて奥行き感を出すことにも留意しました。

撮影時のポイント

  • きれいな色、形のポピーを選定
  • 奥行き感を出すため背景に林の一部を入れた構図
  • パンフォーカスではなく、背景をぼかすため絞りはあまり絞らない
  • 風がやむのを待つ

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
焦点距離:23mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/400秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正: 0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

広角ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

開放F値は明るい2.8で一定。極めて高い光学性能を実現したズームレンズです。撮像範囲の広いFXフォーマットで画面のすみずみまで高い描写力を発揮。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

花もよいのですが、産毛の様子を逆光気味の光で狙うときれいです。背景は黒でもよいのですが、望遠レンズのボケ効果を狙い、華やかな花々を配してみました。蕾もまた絵になります。

ひょろひょろと伸びた茎の様子もまたポピーの特長です。低い位置にカメラを構えて、快晴の青空にポピーを抜いた感じで撮影しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る