Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

カラフルなチューリップ花・植物

春の日差しが降り注ぎ、花木や草花たちが美を競い合っています。細い茎に不釣り合いなほど大きなお椀状の花を咲かせる、赤や黄色、白のチューリップは見ているだけで楽しくなります。肉眼では見ることのできない大きなボケを演出し、光の扱い次第でより春の華やかな陽光を写し出します。

多くの花が咲く春の植物園から受けるイメージは「陽光」と「彩り」です。トップライトの時間帯に撮影したため、お椀形のチューリップの中に光が当たり、かわいらしさと春の光が強調されました。マイクロレンズで近づいて真横から一輪を大きく撮ったことで、背景のボケも大きくなりイメージ通りの作品に仕上がりました。

撮影時のポイント

  • 汚れや虫食いの跡が無い花を選定
  • 主役(ピントを合わせた部分)と同系色あるいはマーブル調の色合いの背景
  • マイクロレンズで近づき背景を大きくぼかす
  • 花と茎の付け根部分が光るアングル

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
焦点距離:105 mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/1500 秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:マニュアル(M)
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

マイクロレンズ

おすすめのレンズ
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

細部までシャープに再現しながら硬質なだけではない味わいのある描写が、クローズアップ撮影はもちろん、105mmの焦点距離を活かしたポートレート撮影にもピッタリです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

水辺の春とリズム感を表現するために、背景の水面が光るのを待って撮影しました。チューリップを横一列に並べるようにするのがポイントで、五線譜上の音符のようなリズムが表現できました。三脚を使い画面が傾かないよう注意します。

さまざまな色のチューリップを、バランスと広がりに注意しながら円形上に配置。童謡「チューリップ」を思わせるような軽やかで楽しい雰囲気が生まれました。 画面全体にピントが合うよう、広角レンズを絞り込んで写しています。

撮影・解説:柿本 完二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る