Nikon Imaging
Japan

春の花、サクラ花・植物

寒くて厳しい冬を耐え忍んできた木々たちは、暖かな陽光が降り注ぐ春になると色とりどりの花を咲かせます。そんな中でも「サクラ」が咲くと、春が来たと実感できるのではないでしょうか。写し方やレンズの選択次第で、かわいらしくも、躍動的にも表現できる春のシンボル。散った後の季節の移ろいなどを作品にすることも考えられます。

シンプルな美しさを表現するために、花曇りの空を背景に一輪の花を+1の露出補正で明るく撮影しています。105mmのマイクロレンズでやや見上げるような角度で主役に近づいて、絞りもf/4に設定。浅い被写界深度を生かし背景をぼかして主役を浮かび上がらせたことで「はんなり」と美しい印象に仕上がりました。

撮影時のポイント

  • 晴天ではコントラストが強すぎて優しさがでにくいため、曇天の日を選ぶ
  • シンプルな背景を選ぶことで主役の存在感が増す
  • 花芯が見えるように撮影し、立体感を出す
  • 露出をオーバー気味にすることで、色の濁りが無く花の持っている優しさや上品さを演出
  • 右側の空間に細い枝を配置し、バランスを整える

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
焦点距離:105mm
絞り値:f/4
シャッタースピード:1/200秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.0段
フォーカスモード:マニュアル(M)
ISO感度設定:ISO 100

おすすめ機材

マイクロレンズ

おすすめのレンズ
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

細部までシャープに再現しながら硬質なだけではない味わいのある描写が、クローズアップ撮影はもちろん、105mmの焦点距離を活かしたポートレート撮影にもピッタリです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

広角レンズでしだれ桜の下に入って見上げるように撮影しています。画面全体を覆うように細い枝が黒く写ったことで躍動感のある印象になりました。広角レンズの遠近感がポイントです。

動感を出すために水面を流れるサクラを1/2秒のスローシャッタ―で撮影しました。岸辺の木の緑と止まっている花弁で、季節の移り変わりも表現しています。右上から左下へと水面を配置し、奥行き感を出すのがポイントです。

撮影・解説:柿本 完二

この被写体を知る

被写体についての知識や理解を深める。今までとは違う視点で被写体をみて、感じる。被写体を知ることで作品作りがより楽しく豊かなものになるかもしれません。ここではサクラについて、ご紹介しています。

記事を見る

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る