Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

慎ましい美しさのフジの花花・植物

うっすら汗ばみ初夏を思わせる5月は鮮やかな色彩のバラやシャクナゲなどが咲くと共に、淡い色彩のフジの花が見られ、慎ましく日本的な美しさを感じさせてくれます。造形の美も兼ね備えたフジの花の、優美な姿や迫力をさまざまなレンズで撮り比べてみませんか?

房いっぱいのフジの花は「かんざし」のように見えます。慎ましい美しさを保って「かんざし」のように見せるためには、背景の色やぼかし方が肝心です。また、薫風で揺れてしまうと形が崩れてしまうので、風がやむのを待って望遠レンズで背景を大きくぼかして撮影しました。太陽は雲に隠れているタイミング。カメラ位置はフジの中心部が画面の真ん中にくるようにしています。

撮影時のポイント

  • シンプルな背景を選び、主題を明確化
  • 慎ましい美しさと初夏の爽やかさを表現するためプラスの露出補正
  • 望遠レンズで絞りは開放近くで撮影することで背景をぼかす
  • ピントを合わせ風がやむのを待って撮影

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
焦点距離:195mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/400秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:オート (ISO 1250)
その他使用機材:三脚、リモートコード

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

望遠300mmまでの幅広い焦点距離をカバーする約4.3倍の望遠ズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

青空には白い雲。フジの花を正面から撮影したことで季節感と慎ましい美しさの両方が写し出されています。52mmの標準域で撮影したことで歪みもなく、まるでこの場にいて見ているような臨場感も醸し出されています。

フジの花が空から降ってくるような雰囲気を出すために、フジ棚の下に入り10.5mmの魚眼レンズを見上げるアングルで使用しています。魚眼レンズの大きな歪みが肉眼では見ることのできないフジの作品にしています。

撮影・解説:柿本 完二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

アジサイのある風景

このレシピを見る

アジサイの造形を楽しむ

このレシピを見る

初夏のユリ

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る

初夏を彩るバラ

このレシピを見る

花菖蒲、咲く

このレシピを見る

視点を変えてハスを撮る

このレシピを見る

水辺を彩るハス

このレシピを見る