Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

山並みを埋める雲海を撮る風景

秋になり、朝夕や地表と上空との温度差が大きくなってくると、山並みには雲海、山峡には霧が出やすくなります。季節の変化のもたらす美しい光景だと思います。少し早起きしてそんな様子を残してみました。

朝日がやっと山並みから顔を出した直後のタイミングです。黒い山並みと光のあたった雲海とのバランスを考え、望遠レンズで切り取っています。左側からの斜光線を意識しています。また、ブレないよう三脚とレリーズを使用しました。

撮影時のポイント

  • 雲海に光が差し始めたタイミング
  • 奥の山並みと雲海との構図バランス
  • 露出補正をマイナス(-0.7)にして光の当った雲海の様子を強調

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:220mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/1000秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:AF-S TELECONVERTER TC-20E III、三脚、レリーズ

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

雲海こそ少なかったものの、光が差す前の山並みの美しさと色の美しさにひかれました。白くなってしまう上部の空の部分が、できるだけ少ない画面構成にしています。

山峡に広がり始めた霧が、光が差し始めると少しずつ動き出します。赤みがかった光の微妙な色の変化のなか、杉木立のシルエットがいいアクセントになってくれました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

紅葉のある秋の風景

このレシピを見る

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

コスモスのある秋風景

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る