Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

紅葉のある秋の風景風景

紅葉をただ大きくアップ気味に撮るだけでなく、河や滝や建物などと組み合わせ、より「秋の風景の中心となる紅葉」として残しました。

色づき始めて光の当たった紅葉が主役ですが、左隅を流れ落ちる白い滝との対比を狙いました。紅葉と滝への光の当たり具合が大切なので、太陽光が滝の一部に当たりはじめるタイミングを待ちます。

撮影時のポイント

  • 滝の流れが糸状になるように、三脚を使い、f/22まで絞ってシャッター速度を遅くする
  • 円偏光フィルターを使い反射を抑える

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
焦点距離:31mm
絞り値:f/22
シャッタースピード:1/3秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 100
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

おすすめのアクセサリー
円偏光フィルターII 77mm

コントラストをつけるために活用

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

山門のシルエットと紅葉の組み合わせです。日本的な建物と紅葉はやはりマッチします。ホワイトバランスは曇天にし、少し赤味を加えています。

ホワイトバランスについての情報はこちら

雨中の蔦紅葉です。雨によってよりしっとりとした感じの色彩になりました。望遠レンズで背景のボケ効果を出しつつ、林の奥行きを表現してみました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

山並みを埋める雲海を撮る

このレシピを見る

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

コスモスのある秋風景

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る