Nikon Imaging
Japan

神々しい御来光風景

群青色の空に徐々に赤味が増し、やがて太陽が顔を出す瞬間は神々しく、身の引き締まる思いがします。心静かで平穏な一日になるよう、気持ちを込めてシャッターを切ってみませんか。

山並みが美しく重なりあい、谷間には朝霧がたなびいて幻想的な雰囲気です。露出も変えつつ構図も微調整しながら、何枚もシャッターを切りました。

撮影時のポイント

  • 山並みのきれいな場所選び
  • ホワイトバランスを「晴天日陰」にし赤味を増した
  • 露出をマイナス(-1.3)にして、太陽の色が強くなりすぎないように注意

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ: AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>
焦点距離:200mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/1250秒
ホワイトバランス:晴天日陰
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.3段
フォーカスモード:マニュアル(M)
ISO感度設定:ISO 800
その他使用機材:三脚

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ブレ軽減効果が極めて高いVR機構(手ブレ補正効果4.0段※CIPA規格準拠)を搭載しています。最短撮影距離1.0m、最大撮影倍率1/3.6倍でクローズアップ撮影にも威力を発揮します。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

朝日の所に1本の木を重ねてみました。上下左右のシンメトリーを考え、安定感や静けさも意識しています。ホワイトバランスは「曇天」に設定し、少し赤味を増やしています。

ホワイトバランスについての情報はこちら

望遠レンズにテレコンバーター(2倍)をかけています。雲のかかった朝日が主役ではなく、岩の上に止まっている一羽の鳥が主役です。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

イルミネーションを大きく切り取る

このレシピを見る

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る

雪面の造形

このレシピを見る

ダイナミックに変わる夕景の色

このレシピを見る

雲間から差す光

このレシピを見る

ダイヤモンド富士

このレシピを見る

梅のある風景

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら