Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

表情豊かな富士山風景

日本を象徴とする山と言えばやはり「富士山」でしょう。たくさんの人がカメラを向けて撮る被写体ですが、撮影する場所、時間、天候、切り取り方次第で、いろいろな姿を見せてくれる山でもあります。変幻自在な表情を狙ってみましょう。

午前10時頃。午前中の斜光線によって斜面の凹凸感が見えています。頂上付近は強風により雪煙が立っていました。山の迫力を出すため、望遠ズームレンズのやや望遠側で大きく狙い、近景には茅葺き屋根の一部や木を入れて遠近感を表現しています。

撮影時のポイント

  • 快晴の青空を強調するためにも円偏光フィルターを使用
  • 雪の白さを出すため露出補正を-0.3段に設定
  • 富士山と木と屋根のバランスを考慮
  • しっかりと三脚を立ててブレを防止

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:145mm
絞り値:f/10
シャッタースピード:1/320秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.3段
フォーカスモード:AF-A
ISO感度設定:ISO 200
その他使用機材:三脚、円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

鎌倉・稲村ヶ崎の海岸からの富士山です。日没後、二度焼けの中にシルエットの富士山が浮かび上がりました。街の灯りやシルエットの人々を入れて、大きさの対比を狙っています。波打ち際のギザギザ模様も重要な脇役です。

山中湖の湖畔で、早朝に撮影しました。岸辺の氷と雪の模様が面白く、標準ズームレンズの広角側18mm を使いその様子を強調してみました。ハーフNDフィルター(ND4)を使い上下の露出の差を少なくしています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

日本一の富士山

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る

雪面の造形

このレシピを見る

ダイナミックに変わる夕景の色

このレシピを見る

雲間から差す光

このレシピを見る

ダイヤモンド富士

このレシピを見る

梅のある風景

このレシピを見る

岩場の風景

このレシピを見る

雪と木々が織りなす表情

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員