Nikon Imaging
Japan

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける風景

現在、イルミネーションで使用される光源のほとんどはLEDで、透明感のある美しいブルーが特徴です。その美しいブルーを再現するために、ホワイトバランスの設定に一工夫してみました。

ブルーをメインとしたイルミネーション写真にするためには、ホワイトバランスの設定がポイントです。また、トンネル状になったイルミネーションをファンタジックに撮影するため、超広角単焦点レンズを使用しました。

撮影時のポイント

  • ホワイトバランスを「電球」に設定しブルーを強調
  • 手持ち撮影になるため、ISO感度を高く設定
  • 個々のLEDが放つ光を放射状にするため、絞り値はf/8
  • イルミネーションのトンネル内から、目線よりも少し高い「ハイアングル」での撮影で広がりを演出

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
焦点距離:20mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/40秒
ホワイトバランス:電球
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正: 0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 3200

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

最新の光学設計で小型・軽量・高画質を実現した、高画素・FXフォーマットカメラの高い鮮鋭感が活きる大口径超広角レンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

ホワイトバランスを「オート」にすると画像の印象は大きく変わり、ブルーは抑えられグリーンが強調されました。また、「ローアングル」で撮影することにより、トンネル内の空間を強く印象付けるようにしています。

ホワイトバランスを「晴天日陰」に設定し、カメラは「アイレベル」(立った状態の目線)で撮影。ホワイトバランスが「オート」の時よりもイルミネーションは鮮やかなグリーンに写りました。同じイルミネーションでもホワイトバランスの設定を変えて、自分好みの色を探してみるのもよいでしょう。また、20mmレンズを使用することでトンネルの奥行き感を演出しています。

撮影・解説:斎藤 勝則

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

イルミネーションを大きく切り取る

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る

雪面の造形

このレシピを見る

ダイナミックに変わる夕景の色

このレシピを見る

雲間から差す光

このレシピを見る

ダイヤモンド富士

このレシピを見る

梅のある風景

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら