Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

雪と木々が織りなす表情風景

街や自然の音を包み込むような雪は2月頃が本番でしょう。木の上の雪は、木々の形やカメラの向きによってとても印象的で面白い作品に仕上がると思います。少し厚着して、雪の中へ出かけてみましょう。

雪をかぶったエゾマツの斜面が広がっていました。左側からの斜光線が木々の凹凸をより強調してくれ、青空とわずかな雲がいいアクセントになってくれています。

撮影時のポイント

  • 山の斜面を多めにしてスケール感を表現
  • 斜面の陰影(手前と奥)に注意
  • 円偏光フィルターを使用し、空の青さを強調
  • 露出補正を-0.7段に設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:70mm
絞り値:f/9
シャッタースピード:1/80秒
ホワイトバランス:オート
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 200
その他使用機材:三脚、円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

VR機構を搭載し、NIKKOR初のED非球面レンズを採用。極限の画質を追求した高性能大口径標準ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

橋の上から見た渓谷です。両側の木々は雪の重みで垂れ下がっており、面白い形になっていました。左右の光の当たり具合も違っていて変化がつきました。

丘の斜面に立つ木々に雪や霧氷がついた早朝の一枚。標準ズームレンズの広角側で空の広がりを表現し、円偏光フィルターで青空を強調して雪や霧氷の白さを対比で表現しています。スッキリとした木を選びました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

日本一の富士山

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る

雪面の造形

このレシピを見る

ダイナミックに変わる夕景の色

このレシピを見る

雲間から差す光

このレシピを見る

ダイヤモンド富士

このレシピを見る

梅のある風景

このレシピを見る

岩場の風景

このレシピを見る

表情豊かな富士山

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員