Nikon Imaging
Japan

岩場の風景風景

海に囲まれた日本の海岸線の変化は作品の要素としてとても面白いと思います。波や風によって侵食された様子をいかして、作品作りをしてみましょう。

日没後、波が入り込んでくる海岸線で形のよい岩を見つけて画面中央部に配しました。波がカメラにかからないギリギリまで近づいての撮影です。こういったシーンの撮影時は、足元に充分気をつけてください。

撮影時のポイント

  • ISO100、f/18、NDフィルターでシャッターを1.6秒まで下げての撮影
  • 雰囲気描写を際立たせるためマイナス(-1.3)の露出補正
  • しっかりした三脚を使用
  • 右奥に夕暮れの富士山を入れ奥行きを演出
  • 波ギリギリまで近づくために低めの三脚設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:24mm
絞り値:f/18
シャッタースピード:1.6秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 100
その他使用機材:三脚、NDフィルター

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

VR機構を搭載し、NIKKOR初のED非球面レンズを採用。極限の画質を追求した高性能大口径標準ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

線状の岩が魅力的。逆光気味だったため、岩の所々に残った水が一部光ってくれました。ピントは画面手前から1/3の所に合わせてパンフォーカスを狙っています。奥に人のシルエットを入れて、岩の大きさを感じてもらうよう演出しました。

手前の光の当たった岩が圧倒的な存在感を醸していました。右奥に観覧車をポツンと入れて自然物と人工物の対比を表現しています。円偏光フィルター(-1.0補正)でコントラストをつけました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

日本一の富士山

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る

雪面の造形

このレシピを見る

ダイナミックに変わる夕景の色

このレシピを見る

雲間から差す光

このレシピを見る

ダイヤモンド富士

このレシピを見る

梅のある風景

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら