Nikon Imaging
Japan

雨上がりの紅葉花・植物

紅葉は雨が降る日や、雨が止んだ直後など水分を含んでいる際、鮮やかにきれいな様を見せてくれます。しっとりと落ち着いた日本らしい秋の様子を表現してみましょう。

木の下に入り込んで見上げてみると、枝先に雫が残り、雲間からの光が紅葉に差した絶妙なタイミングでした。望遠側(165mm)で撮影したことにより、玉ボケも大きめに表現できました。

撮影時のポイント

  • 雫が光って見える位置を確保
  • 背景が暗めなのでマイナス(-1.0)の露出補正
  • 背景の奥に玉ボケを入れる
  • 手ブレ防止のため、ISO 1600でシャッタースピードを1/640秒に設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:165mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/640秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 1600

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

雨上がり、小さな沼の岸辺で撮影しました。紅葉が真っ盛りの美しさで、濡れた葉は、よりしっとりとした色合いに見えました。コケのついたような幹のバランスを考えながら紅葉と組み合わせてみました。

雨で落ちた紅葉が2枚、足元のシダの葉に乗っていました。緑のシダの形と紅葉の色と形の対比に、目を引かれての1枚です。「小さな秋」ですね。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

秋空の下、かわいいコスモスを撮る

このレシピを見る

彼岸花をいろいろ撮り分ける

このレシピを見る

澄んだ秋の光の中で、ススキを撮影

このレシピを見る

秋バラの美しさを残す

このレシピを見る

色彩の変化に富む紅葉

このレシピを見る

柿のある秋風景

このレシピを見る

落葉の木々で晩秋を表現

このレシピを見る

サザンカの秋

このレシピを見る

彼岸花咲く秋

このレシピを見る

彼岸花の造形を楽しむ

このレシピを見る

イチョウをさまざな角度で切り取る

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら