Nikon Imaging
Japan

彼岸花の造形を楽しむ花・植物

マンジュシャゲ、リコリスなどいろいろな呼び名でも呼ばれる彼岸花は、花弁と伸びたシベの組み合わせが不思議な花でもあります。望遠レンズで引きつけたり、広角レンズでぐっと寄ってみたりとさまざまな方法で形を意識しながら撮影を楽しんでみましょう。

カメラを手持ちし、20mmの広角レンズで近づきました。背景の木立や緑の葉、奥の彼岸花などを入れることで、奥行き感も表現しています。被写体に寄ったことと、やや上から撮ったことでまるでスポットライトに花の形が浮かび上がったような効果が演出できました。太陽がほぼ真上にあるタイミングの撮影です。

撮影時のポイント

  • 広角レンズを使用し、広角接写になるようできるだけ接近
  • 絞りを少し絞って(f/8)被写界深度があまり浅くならないよう注意
  • 暗い背景の中でのスポットライト効果なので、マイナス(-1.3)の露出補正で花の色を調整

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AI AF Nikkor 20mm f/2.8D
焦点距離:20mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/800秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 800

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

最新の光学設計で小型・軽量・高画質を実現した、高画素・FXフォーマットカメラの高い鮮鋭感が活きる大口径超広角レンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

カメラの高さを少し低くして、背景の木々の間に駐車している車の反射したところを入れています。望遠レンズ(155mm相当)のボケ効果によりちょっと面白い「丸ボケ」ができました。とはいえ、主役はあくまでスポットライトで照らされたような彼岸花です。

形は同じでも時々見かける白い彼岸花は赤色の海の中に漂う一輪のようで、色の対比として見せたくなってしまいます。望遠レンズのボケによりピントを合わせた白い彼岸花が一層強調されました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

秋空の下、かわいいコスモスを撮る

このレシピを見る

彼岸花をいろいろ撮り分ける

このレシピを見る

澄んだ秋の光の中で、ススキを撮影

このレシピを見る

秋バラの美しさを残す

このレシピを見る

色彩の変化に富む紅葉

このレシピを見る

柿のある秋風景

このレシピを見る

落葉の木々で晩秋を表現

このレシピを見る

サザンカの秋

このレシピを見る

彼岸花咲く秋

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら