Nikon Imaging
Japan

彼岸花咲く秋花・植物

秋の花の代表というと、やはり彼岸花を思い浮かべます。形や色が独特で個性的ですし、1本でも群落で咲いていても画になる面白さを持っていると思います。さまざまな撮り方を試してみましょう。

快晴の秋の一日。土手の上に4本の彼岸花がスッと咲いていました。伸びやかな茎の感じがきれいだったのと、何かワイワイガヤガヤと話している子供たちのようで撮った1枚です。太陽が真上にあるタイミングに、カメラは手持ちで撮影しました。

撮影時のポイント

  • 両サイドに木々のシルエットを入れて額縁のような効果を狙う
  • 重なりをなるべく減らし花のバランスを考慮
  • 円偏光フィルターを使用し青空のコントラストを演出
  • 望遠レンズで切り取ることによるボケ効果

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:145mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/8000秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

直接光が当たっていない日陰の花を選びました。広角側(24mm)で近づいて撮影しています。逆光ですから花の色が少し出るように思い切ったプラス(+2.3)の露出補正をしました。

「さあ、あなたの番ですよ」というようにまるでスポットライトが当たったかのような一輪を選びました。色が飛ばないようマイナス(-1.3)の露出補正です。花弁の形と、ヒュンと曲がったシベの先の美しさが印象的でした。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

秋空の下、かわいいコスモスを撮る

このレシピを見る

彼岸花をいろいろ撮り分ける

このレシピを見る

澄んだ秋の光の中で、ススキを撮影

このレシピを見る

秋バラの美しさを残す

このレシピを見る

色彩の変化に富む紅葉

このレシピを見る

柿のある秋風景

このレシピを見る

落葉の木々で晩秋を表現

このレシピを見る

サザンカの秋

このレシピを見る

彼岸花の造形を楽しむ

このレシピを見る

イチョウをさまざな角度で切り取る

このレシピを見る

雨上がりの紅葉

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら