Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

もっと撮り旅

写真家 星野佑佳先生による日本各地を旅しながら撮影する「もっと撮り旅」。雑誌「風景写真」で連載中の大人気エッセイを転載にてご紹介いたします。

プロフィール

星野 佑佳(ほしの ゆか)

京都市生まれ。写真家・フォトエッセイスト。同志社大学法学部卒業。2000年から海外や日本全国を放浪しながら撮影を始める。2005年より地元である京都の風景や風物詩の撮影も手掛ける。近著に『京の祭と行事365日』(淡交社)がある。2011年からスタートした『風景写真』で旅をつづった連載に未発表の作品をプラスしたフォトエッセイ集『撮り旅』を刊行。

公開記事一覧

蒼池繚乱(山口県下関市)

詳細を見る

「信じるものは、救われる?」(富山県・称名滝)

詳細を見る

「空っぽの」(奈良県天理市)

詳細を見る

「禊ぎ柿」(長野県長野市)

詳細を見る

「本日も晴天なり」(千葉県・大波月海岸)

詳細を見る

「行きはよいよい……」(大分県・金鱗湖)

詳細を見る

「星に願いを」(沖縄県・西表島)

詳細を見る

「仙境」(岐阜県高山市)

詳細を見る

花、美しく(群馬県・妙義山)

詳細を見る

黄昏刻(静岡県・黄金崎)

詳細を見る

迷える季節(長野県・聖高原)

詳細を見る

紅葉、どこまでも(宮城県・鳴子峡)

詳細を見る

エナジー (福井県龍双ケ滝)

詳細を見る

「夕焼け小やけ」(滋賀県東近江市)

詳細を見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員