Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

春の里山風景

里山は日本の原風景と言われ、人と自然が共生する場所です。ほどよく人の手が加えられた里山の自然は、その地に集う人達に四季折々、美しい草花を咲かせて心に安らぎを与えてくれます。今年も春を迎えられた歓びの声を上げている「里山」の息吹をおさめました。

快晴の日は強い陰影が発生しコントラストが強く出ます。木々や草花たちが歓びの声を上げている姿を撮るにはコントラストが強過ぎない優しい色合いが必要です。雨上がりの後で撮ったことで平均的に光があたり、強い陰影も付かず黄色、赤、緑、青と全ての色が写し出されました。道路の上から、俯瞰して撮影しています。

撮影時のポイント

  • 雨上がりを狙うことでしっとりした雰囲気が醸し出される
  • 黄色、赤、緑、青が曲線を描くように配置されたことで、色とともに奥行きが表現される
  • 円偏光フィルターで反射を抑え鮮やかさを出す

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
焦点距離:34mm
絞り値:f/11
シャッタースピード:1/60秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

おすすめのアクセサリー
円偏光フィルターII 77mm

コントラストをつけるために活用

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

道路沿いに植えられた水仙。背景は農機具を保管する小屋です。主役の水仙の存在感が強調されるように背景が影になる時間帯を選び、その上でマイナスの露出補正をしています。

用水路の両岸に黄アヤメと草の緑を配置し季節感を出し、一羽のカモを配したことで作品に動きも出ました。カモの進行方向を広めにしたことがポイント。

撮影・解説:柿本 完二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

サクラのある春風景

このレシピを見る

そよ風の中に泳ぐ鯉のぼり

このレシピを見る

スローシャッターで撮る清流

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員