Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

サクラのある春風景風景

日本の春を象徴するのは、何と言ってもサクラだと思います。サクラそのものの撮影もよいでしょうがプラスアルファを考え、サクラのある春の景色や風景、風情などを取り入れた写真を狙ってみましょう。

色とりどりで、さまざまな種類のサクラが咲いている山の斜面を撮影しました。写る色合いも気にしていますが、手前にあるサクラやその他の花の「花ボケ」を大きく入れて、春のほんわかした雰囲気を表現してみました。やや逆光気味の状態で、三脚を使用し撮影しています。

撮影時のポイント

  • 望遠レンズでのボケ効果(前ボケ)
  • 絞りを開放気味にし、手前の花に近付き大きなボケが出るようにした
  • 露出補正をプラス(+1.0)にしてやや明るめに
  • 真ん中にピンクの花を配し色の変化をつけた

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:200mm
絞り値:f/4
シャッタースピード:1/500秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

サクラと石垣との組み合わせです。やや散り始めた花弁が石垣に張り付き情緒ある一枚は、内堀下部の緑の草がワンポイントです。

サクラの花を画面の中でやや少なめに扱い、背景に湖面のキラキラした玉ボケを入れてみました。春の光線の強さや美しさと組み合わせることで、一味違ったサクラ風景になるでしょう。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

スローシャッターで撮る清流

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員