Nikon Imaging
Japan

オートフォーカス

AFエリアモード(ライブビュー撮影)

ライブビュー撮影時には、オートフォーカスでピントを合わせる場所が液晶モニター上に表示されます。マルチセレクターを操作することでピントを合わせる場所(フォーカスポイント)を変えることができます。どのようにフォーカスポイントを選ぶのかを設定するのが、AFエリアモードです。ライブビュー時のAFエリアモードには、ワイドエリアAF、ノーマルエリアAF、ターゲット追尾AF、顔認識AFなどがあります。動画撮影時にもAFエリアモードの設定が有効となります。

ワイドエリアAF

風景などを手持ちで撮影する場合に適しています。
マルチセレクターでフォーカスポイントを移動できます。画面内のどこにでもフォーカスポイントを移動することができます。ノーマルエリアAFに比べ、より広いフォーカスポイントでピントを合わせます。

ワイド

ワイド

ノーマルエリアAF

ピンポイントでピントを合わせることができます。
マルチセレクターでフォーカスポイントを移動できます。画面内のどこにでもフォーカスポイントを移動することができます。

ノーマル

ノーマル

ターゲット追尾AF

ピントを合わせたい被写体にフォーカスポイントを重ね、OKボタンを押して被写体をロックすると、構図を変更してもロックした被写体の動きに合わせてフォーカスポイントが移動します。フォーカスモードのAF-Fと組み合わせれば、動いている被写体でも自動的に追尾、ピント合わせを継続します。

ターゲット追尾AF

ターゲット追尾AF
操作は機種によって異なる場合があります。

顔認識AF

画面内に人物の顔があると、自動的にフォーカスポイントが黄色の二重枠に変わり顔を囲みます。記念写真など正面を向いた人物の撮影に適しています。

顔認識AF

顔認識AF

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら