Nikon Imaging
Japan

オートフォーカス

AFエリアモード(ファインダーを使った撮影)

オートフォーカスでピントを合わせる場所は、ファインダー内にフォーカスポイントとして表示されます。
フォーカスポイントを選ぶことで、ピントを合わせる場所を変えることができます。
複数のフォーカスポイントの中からどのフォーカスポイントでピントを合わせるかは、撮影者が選ぶこともできますし、カメラの自動選択に任せることもできます。
どのようにフォーカスポイントを選ぶのかを設定するのが、AFエリアモードです。
AFエリアモードには、オートエリアAFモード、シングルポイントAFモード、ダイナミックAFモード、3D-トラッキングなどがあります。
それぞれのAFエリアモードについて説明します。

シングルポイントAFモードシングルポイントAFモード 複数のフォーカスポイントの中から撮影者が選んだフォーカスポイントだけを使ってピントを合わせます。
静止している被写体の撮影に適しています。
ダイナミックAFモードダイナミックAFモード フォーカスポイントを選ぶのはシングルポイントAFモードと同じですが、被写体が一時的にフォーカスポイントから外れた場合に周囲のフォーカスポイントが引き続き被写体を捉えてピントを合わせ続けます。
不規則な動きをする被写体の撮影に効果的です。
オートエリアAFモードオートエリアAFモード カメラが、全てのフォーカスポイントから被写体を判別してピントを自動で合わせます。
3D-トラッキング(11点)3D-トラッキング(11点) 撮影者が選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わせると、シャッターボタンを半押ししている間、構図の変化に合わせて、フォーカスポイントを自動的に切り換えてピントを合わせ続けます。
※D5000の場合

フォーカスポイントの表示

ファインダー内に、ピントを合わせるポイントとしてフォーカスポイントが表示されます。
シングルポイントAFモード、ダイナミックAFモード、3D-トラッキングでは、撮影者自身がフォーカスポイントを選べます。

カメラでの表示例

フォーカスポイント

カメラのインフォ画面

カメラのインフォ画面

ピント合わせに使うポイントの位置が表示されます。

AFエリアモード

カメラのインフォ画面

カメラのインフォ画面

  • シングルポイントAFモード シングルポイントAFモード
  • ダイナミックAFモード ダイナミックAFモード
  • オートエリアAFモード オートエリアAFモード
  • 3D-トラッキング(11点) 3D-トラッキング(11点)
のように表示されます。
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら