Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

COOLSHOT PROII STABILIZED New

製品特長

手ブレを約80%低減する「STABILIZED(手ブレ補正)」機能※

手ブレによるファインダー内の視界の揺れを低減し、さらに照射するレーザー光のブレも同時に補正。ピンフラッグなどの小さなターゲットも素早くとらえて、レーザー光を狙ったポイントに簡単に当てられます。手ブレ補正技術と高度な測距技術を融合したニコン独自の技術です。

手ブレによる視界の揺れ(正弦波)を1/5以下に低減(ニコンビジョン測定条件による)。

グリーンのサインと電子音でお知らせする「Dual LOCKED ON ECHO」搭載

測定した距離が"ピンフラッグ"か"奥の林"か分かりにくいシーンでも、LOCKED ON機能があれば安心。手前のピンフラッグの距離を測定すると、ファインダー内にサインが点灯、同時に電子音が鳴ってお知らせします。

単発測定時は、重なり合った目標物を検出し、一番近い目標物までの距離を表示する場合にLOCKED ONサインが点灯し、電子音が鳴ります。連続測定時は、表示されている距離よりも近い距離表示へ切り替わる場合にLOCKED ONサインが点灯し、電子音が鳴ります。

OLEDを採用したどんなシーンでもみやすい赤色の内部表示

表示の明るさは、周囲の明るさに合わせて自動的にみやすい輝度に調節する自動調光機能を搭載。

4つの測定表示モード搭載&直線モードサイン

4つの測定表示モードを搭載しています。MODEボタンを1プッシュで測定表示モードを切り替えられます。

Dモード(直線距離)に設定すると直線モードサインが点滅。外観から傾斜機能を使用していないことが証明できるため競技でも安心して使えます。
Dモード時に直線モードサインを消灯することはできません。競技で使用する際には、事前に各大会のローカルルールをご確認ください。

約0.3秒の高速測距

目標物の距離に関わらず約0.3秒で測定結果を表示する「HYPER READ」を搭載しています。

高低差をふまえた打つべき距離の目安を表示する「ID TECHNOLOGY」

ID TECHNOLOGY搭載モデルなら、"打ち上げ"や"打ち下ろし"のコースの勾配を読み取り、打つべき距離の目安(加減算距離=水平距離±高さ)を表示します。距離感のつかみにくい起伏のあるコースでも、高低差を読み間違えることなく、クラブ選択に迷いません。

近くの目標物の距離を優先的に表示する「近距離優先アルゴリズム」を搭載

「近距離優先アルゴリズム」を搭載することで、レーザーが複数の目標物に当たった場合、最も近い距離を表示させます。アプローチショットでピンフラッグを狙う際に、手前にあるピンフラッグまでの距離測定が容易です。

安全性を重視した赤外線レーザーを使用

照射される赤外線レーザーは、IECクラス1Mの規格に適合、安全性を重視しています。

本製品から照射される赤外線レーザーは基本的には安全ですが、光学的手段(ルーペや望遠鏡等)を使用してレーザー光をのぞくと危険な場合があります。レーザー光を直接のぞかないよう、取り扱いに際しては使用説明書をご確認ください。

高い測距性能

8~1,200yd.(7.5~1,090m)までの測定ができ、0.5m/yd.刻みでの表示が可能です。

約8秒間連続測定が可能な「連続測定機能」

ボタンを押し続けることで、約8秒間目標物を連続的に測距することができ、測定結果を連続的に表示します。STABILIZED(手ブレ補正)機能と連続測定機能を併用することにより、更に手ブレの影響を軽減し、目標物の測距のし易さを向上させることが可能です。

明るい6倍のファインダーと見やすいロングアイレリーフ設計

多層膜コーティングを施した6倍のファインダーにより、明るくクリアーな視界を実現しています。また、大きな接眼レンズ径によりのぞきやすく、ロングアイレリーフ設計のため、眼鏡を掛けたままでも見やすく広い視界が得られます。

握りやすいコンパクトなボディー設計

コンパクトで握りやすさを追求したボディー設計となっています。

雨天時も安心な防水・防曇構造

1mの水深に10分間浸かっても影響のない防水構造※1(電池室は生活防水構造※2)で、雨の中での使用※3も可能です。また、ボディー内部に窒素ガスを充填しているため、光学系内部の曇りやカビを生じにくくしています。

水中での使用はできません。
JIS/IEC保護等級4(IPX4)相当(ニコンビジョンの試験条件による)
雨滴により、目標物までの距離が正常に測れないことがあります。
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員