Nikon Imaging
Japan
ここから本文です。
機能と特長

主な仕様


主な仕様




型式

ズームレンズ内蔵オートフォーカス35mmAEレンズシャッターカメラ

使用フィルム

パトローネ入り35mmDXフィルム(画面サイズ:標準撮影時:24×36mm/パノラマ撮影時:13.3×36mm)

レンズ

ニコンズームレンズ38mmF5.3~140mmF10.5、8群10枚(EDレンズ、非球面レンズ使用)

シャッター

プログラムAE式電子シャッター(絞り羽根兼用)、シャッタースピード:2~1/500秒

ファインダー

実像式ズームファインダー、視野率:約80%以上(標準撮影時)

倍率

約0.44倍(38mm時)/約1.29倍(140mm時)、視度調整機能付き(-1.5m-1~+1.5m-1)、アンティフォグファインダー(接眼部)

ファインダー内表示

撮影範囲フレーム(近距離補正マーク付)、パノラマ撮影範囲フレーム、オートフォーカスフレーム、緑ランプ:測距完了表示(点灯)/近距離警告(点滅2Hz)/測距不能警告(点滅8Hz)、オレンジランプ:スピードライト発光予告(点灯)/未充電警告(点滅4Hz)、スピードライト部押し込みによる警告(8Hz)

距離合わせ

ワイドエリアパッシブ方式、撮影距離:約0.74m~∞

フォーカスロック

シャッターボタン半押しによるフォーカスロック付き

露出制御

電子制御式プログラムAE、AE連動範囲(ISO100):EV4~16(38mm時)/EV6~16(140mm時)、(ISO400):EV6~17(38mm時)/EV6~18(140mm時)、スピードライト自動発光

使用可能フィルム感度

ISO50、100、200、400、800、1600、3200はDXコードによる自動セット

フィルム装てん

イージーローディング空送り機構、フィルム確認窓付

フィルムカウンター

液晶によるデジタル表示、順算式、巻き戻し時は逆算連動

セルフタイマー

電子制御式、シャッターボタンによるスタート、ボディ正面に作動表示(作動時間:10秒、8秒点滅/2秒点灯の2段階)、途中解除可能

フィルム巻き上げ機能

内蔵モータによる電動式(スプールドライブ方式)、自動空送り、自動巻き上げ(1コマ)、フィルム終端検出による自動巻き戻し、途中巻き戻し可

リモートコントロール機能

専用赤外光を利用、送信ボタンによるスタート、2秒後にシャッター作動、到達距離:カメラ正面で約5m、ボディ正面に作動表示、3Vリチウム電池(CR2025タイプ)1個使用、送信機電池寿命:約5年、大きさ:約60(幅)×28(高さ)×7(厚み)mm、質量(重さ):約10g(電池含む)

スピードライト

自動発光・発光禁止・強制発光・スローシンクロの4モード切り換え可能、自動発光設定時低輝度時・逆光時は自動発光、未充電時シャッターボタンロック付、スピードライト連動範囲:(ISO100の場合)約0.74~4.4m(38mm時)/約0.74~2.5m(140mm時)、(ISO400の場合)約0.74~8.8m(38mm時)/約0.74~5.0m(140mm時)、充電時間:約6秒

赤目軽減発光モード

設定時スピードライトの発光前にランププリ照射(約1秒間点灯)

撮影可能本数

24枚撮りフィルム約10本(50%スピードライト撮影時)

表示パネル

電源スイッチON時:フィルムカウンター表示、スピードライトモード表示、赤目軽減表示、セルフタイマー/リモコン表示、遠景モード表示、バッテリーチェック表示、写し込み表示、デート表示

使用電源

3Vリチウム電池(CR123A、またはDL123A)×1個

デート写し込み機構

ボディ側の7ドットLEDによる写し込み方式、パノラマ切り換え可能、フィルム感度:DXコードにより自動切り換え式(ISO50~3200)

デートの種類

24時間制、[年・月・日]、[月・日・年]、[日・月・年]、[日・時・分]、[写し込みなし](切り換えは押しボタン式、2040年まで月末、うるう年自動調整、データ早送り修正可能)、電源:ボディの電源を使用、時計精度:月差±90秒以内

大きさ(幅×高さ×奥行き)

約114mm×62.5mm×43mm

質量(重さ)

約225g(電池別)


使用中の性能データは特に記載のある場合を除き、すべて常温(20℃)、新品電池使用時のものです。

製品の外観、仕様は改善のため予告なく変更することがあります。