Nikon Imaging
Japan

ススキ野に浮かぶ月星景

群集するススキ草原に輝く中秋の名月。十五夜にススキを供えるのは、収穫できていない稲穂の代わりにススキを供え神様に感謝したことが始まりと言われています。
郷愁を誘う満月とススキとの風景ですが、同時に作品に収めるのは至難の業。満月はとても明るく、ISO100設定で絞りf/8、シャッタースピード1/250秒で撮影することができますが、暗闇のススキを撮影するためにはスローシャッターか、スピードライトで発光しないと写すことができません。
多重露出撮影をすることで、明暗の差がある両被写体を捉えています。

撮影メニューの「多重露出モード」を設定し、露光回数のコマ数を「2」に。1回目の撮影は画面の下に群集するススキを配置し、スピードライト発光で撮りました。次に望遠レンズで満月を拡大して画面上部に配置して撮影。カメラと月、カメラとススキとの距離は異なるため、マニュアルフォーカスでピントを合わせ直す必要があります。また、ピクチャーコントロールをポートレートにセットし撮影することによって、ススキがやわらかな雰囲気になっていることもポイントです。

撮影時のポイント

  • 多重露出でそれぞれ露出を変えて撮影。その際、多重露出撮影の間隔を長くする設定に
  • ピントは全てマニュアルフォーカスで行い、ピントリングはテープなどで固定
  • 大型でしっかりとした三脚を使用
  • シャッターを押す前に、三脚の脚部、雲台のクランプ類が確実にロックされているかもう一度確認し、シャッターはリモートコントローラーで切る事でブレを防止

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:200mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/2500秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:マニュアル
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:マニュアル(M)
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:三脚、スピードライト、レンズフード、リモートコードまたはリモートコントローラー、予備のバッテリー
※月の撮影データとなります。

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

撮影・解説:八板 康麿

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

星空と灯台

このレシピを見る

しだれ栗に昇るオリオン

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら