Nikon Imaging
Japan

生活の中の火スナップ

日常生活の中で直接「火」を使う機会は少なくなってきています。それでも火には色々な所で出会うことがあります。暖かみのあるやさしい火を寒い時期に見直してみましょう。

ビンを入れる小さくかわいらしいカゴが店先にありました。ビンの中の小さなロウソクの火が印象的です。光はロウソクの火の光のみなため、ISO感度を上げて手ブレを防ぎました。単焦点レンズの美しくやわらかな背景のボケをいかしてみました。

撮影時のポイント

  • きれいで素直なボケを写すため50mmの単焦点レンズを使用
  • 絞り開放(f/1.8)で被写界深度は浅く設定
  • 暗さに対処するためのISO感度(ISO1600)
  • 低い位置に置かれたカゴにあわせたカメラ位置

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
焦点距離:50mm
絞り値:f/1.8
シャッタースピード:1/640秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 1600

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

手軽にカメラボディーと一緒に持ち歩け、背景のボケを活かせる明るい単焦点レンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

雪上のボンボリの光が雪面に反射して一面明るい橙色に覆われています。広角レンズで画角を広くし、たくさんのボンボリがある様子を表現したロウソクの火です。

生活に直結した究極の火の形が「炉端の火」かもしれません。出会う機会は少なくなったものの、ホッとする安心感があります。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

古民家の趣

このレシピを見る

静謐な寺社を撮る

このレシピを見る

屋内を照らす灯り

このレシピを見る

街中の灯り

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら