Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D7500

カメラの機能

フォーカスモード(ファインダー撮影)

オートフォーカスは、シャッターボタンを半押ししたときに動作しますが、シャッターボタンを半押ししている間、そのままピント位置を固定するか、ピント合わせを続けるかを選ぶことができます。この機能をフォーカスモードといいます。

AF-A AFサーボモード自動切り換え
被写体が静止しているときは[AF-S]、動いているときは[AF-C]に自動的に切り替わります。ピントが合っていないときはシャッターはきれません。

AF-S シングルAFサーボ
静止している被写体の撮影に適しています。シャッターボタンを半押しすると、ピントが合った時点でフォーカスがロックされます。ピントが合っていないときはシャッターはきれません。

AF-C コンティニュアスAFサーボ
スポーツなど動きのある被写体の撮影に適しています。シャッターボタンを半押ししている間、カメラは被写体の動きに合わせてピントを合わせ続けます。ピントが合っていないときはシャッターはきれません。

MF マニュアルフォーカス
手動でピントを合わせます。

AF-S
AF-S
AF-C

手順

【オートフォーカスで撮影する】

フォーカスモードセレクターをAFに合わせると、オートフォーカスになります。
AFモードの変更方法

AFモードボタンを押しながら、メインコマンドダイヤルを回す
• 変更した設定を確認します。
【マニュアルフォーカスで撮影する】

使用するレンズの種類によって、ピントを手動(マニュアル)で合わせるときの設定が異なります。各レンズでのマニュアルフォーカスの設定は次の通りです。


• AFレンズを使用している場合:
カメラのフォーカスモードセレクターをMにしてください。レンズにフォーカスモード切り換えスイッチがある場合は、レンズ側のフォーカスモードもMにしてください。AF-Sレンズを使用している場合は、レンズのフォーカスモード切り換えスイッチをMにしてください。カメラのフォーカスモードセレクターを切り換える必要はありません。

• マニュアルフォーカスレンズを使用する場合:
マニュアルフォーカスレンズを使用すると、常にマニュアルフォーカスで撮影できます。
ピントは、レンズのフォーカスリングを回して、メインの被写体がはっきり見えるように合わせます。

フォーカスモード(ファインダー撮影) と関連する機能

ここでご紹介したフォーカスモード(ファインダー撮影)と関連する機能をご確認いただけます。

D7500 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る