Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D7500

カメラの機能

AFエリアモード(ライブビュー撮影)

ライブビュー撮影時には、オートフォーカスでピントを合わせる場所が液晶モニター上に表示されます。マルチセレクターを操作することでピントを合わせる場所(フォーカスポイント)を変えることができます。どのようにフォーカスポイントを選ぶのかを設定するのが、AFエリアモードです。動画撮影時にもAFエリアモードの設定が有効となります。

 顔認識AF
記念写真など、人物の顔にピントを合わせたい場合に適しています。カメラが人物の顔を自動的に認識し、フォーカスポイントが黄色の二重枠に変わります。

 ワイドエリアAF
風景などを手持ちで撮影する場合に適しています。

 ノーマルエリアAF
画面の任意の位置にピンポイントでピントを合わせたい場合に適しています。三脚の使用をおすすめします。

 ターゲット追尾AF
指定した被写体に追尾させてフォーカスポイントを動かしたい場合に適しています。マルチセレクターでフォーカスポイントを被写体に重ねて ボタンを押すと、被写体の追尾を開始し、被写体の動きに合わせてフォーカスポイントが移動します。もう一度 ボタンを押すと、追尾を終了します。

顔認識AF
ワイドエリアAF
ノーマルエリアAF
ターゲット追尾AF

手順

AFモードボタンを押しながら、サブコマンドダイヤルを回す
• 変更した設定を確認します。

AFエリアモード(ライブビュー撮影) と関連する機能

ここでご紹介したAFエリアモード(ライブビュー撮影)と関連する機能をご確認いただけます。

D7500 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る