Nikon Imaging
Japan

Z 7 New

操作性・信頼性

優れた光学テクノロジーと画像処理テクノロジーで自然な見えを実現する電子ビューファインダー 【NEW】

Quad VGA(約369万ドット)有機ELパネルを採用した電子ビューファインダーは、視野率約100%、ファインダー倍率約0.8倍、対角視野角約37.0°。ニコン独自の光学技術を活かしたファインダー光学系などにより、収差が少なくクリアーな、光学ビューファインダーに迫る自然な見えを実現しています。

ファインダー光学系には独自のテクノロジーによる贅沢な光学系を搭載し、歪みが少なく隅々までクリアーで明るい視界を実現しています。また、EXPEED 6をはじめとするニコンの先進的な画像処理技術により、表示パネルに最適化した見やすい映像を表示。マニュアルフォーカス時にピントの山が見つけやすく、長時間の撮影でも目が疲れにくい、光学ビューファインダーに迫る自然な見えを実現しています。さらに、接眼保護窓にはフッ素コートを施しており、フレアを抑えるとともに汚れの付着を防ぎます。

ホワイトバランスやピクチャーコントロールの設定は、ファインダーの映像に反映させて撮影中に確認可能。設定の反映を解除して、光学ビューファインダーのような自然な色味、明るさ、コントラストで表示させることもできます。

ファインダー内には メニューの表示が可能です。ファインダーから目を離すことなく設定を変更できます。

使用頻度の高い機能に入れ替え可能な メニューのカスタマイズ 【NEW】

撮影時にボタンを押すとファインダー内または画像モニターに表示されるメニューの項目を、使用頻度の高い項目に変更できます。カスタマイズは、静止画モード、動画モードそれぞれで可能。撮影スタイルに合わせてカスタマイズしたメニューで、効率よく撮影できます。

メニューに割り当てられる機能

静止画モード

・撮像範囲設定 ・画質モード ・画像サイズ ・露出補正 ・ISO感度設定 ・ホワイトバランス ・ピクチャーコントロール ・色空間 ・アクティブD-ライティング ・長秒時ノイズ低減 ・高感度ノイズ低減 ・測光モード ・フラッシュモード ・フラッシュ調光補正 ・フォーカスモード ・AFエリアモード ・手ブレ補正 ・オートブラケティング ・多重露出 ・HDR(ハイダイナミックレンジ) ・サイレント撮影 ・レリーズモード ・カスタムボタンの機能 ・露出ディレーモード ・電子先幕シャッター ・Lvに撮影設定を反映 ・2点拡大 ・ピーキング表示 ・モニター/ファインダーの明るさ ・Bluetooth通信機能 ・Wi-Fi通信機能

動画モード

・撮像範囲設定 ・画像サイズ/フレームレート/画質 ・露出補正 ・ISO感度設定 ・ホワイトバランス ・ピクチャーコントロール ・アクティブD-ライティング ・測光モード ・フォーカスモード ・AFエリアモード ・手ブレ補正 ・電子手ブレ補正 ・マイク感度 ・アッテネーター ・録音帯域 ・風切り音低減 ・ヘッドホン音量 ・ピーキング表示 ・ハイライト表示 ・モニター/ファインダーの明るさ ・Bluetooth通信機能 ・Wi-Fi通信機能

ファインダーと画像モニターの使い分けに便利な「モニターモード」 【NEW】

「モニターモード」を[自動表示切り換え]に設定すると、アイセンサーにより、ファインダー表示と画像モニター表示が自動的に切り換わります。[ファインダーのみ][モニターのみ][ファインダー優先]も選択可能。「モニターモード切り換えボタン」を押すたびに切り換わります。また、使用するモニターモードを限定することもできます。

ピント確認が容易な電子ビューファインダーと画像モニターの拡大表示【NEW】

電子ビューファインダーは約369万ドット、画像モニターは約210万ドットと、いずれも高解像度。ファインダー撮影時にも、拡大ボタンを押すと鮮明な拡大表示でピントの状態をつぶさに確認できます。Fn1/Fn2ボタンまたはマルチセレクターの中央ボタンを押すだけで、フォーカスポイント位置を中心に、設定した拡大率※で表示する設定も可能です。

[低倍率(50%)]、[等倍(100%)]、[高倍率(200%)]から選択可能。

タッチパネル採用のチルト式3.2型約210万ドット画像モニター

画像モニターには、多彩な操作が可能なタッチパネルを採用。3.2型、210万ドットの大型・高精細モニターで、メニュー設定や撮影、ピンチやスワイプによる拡大画像でのピント確認などのタッチ操作が可能です。また、上下の広い範囲で自由な角度にチルト可能。上向きに展開してもファインダー接眼部に遮られてモニターが見えにくくなることがなく、下向き展開も三脚に取り付けたままでスムーズに行え、静止画、動画撮影のアングルの自由度を高めます。

撮影画面の正確な水平合わせが容易な「2点拡大」表示

撮影時に、電子ビューファインダーまたは画像モニター上の同じ高さにある離れた2カ所を同時に拡大表示する、「2点拡大」表示が可能。建築物の撮影などで厳密な水平合わせをしたいときに便利です。

ニコンデジタル一眼レフカメラを踏襲した直感的な操作性

ニコンデジタル一眼レフカメラユーザーが違和感なく直感的に操作できるよう、使用頻度の高いISOボタン、露出補正ボタン、動画撮影ボタンはD5、D850同様シャッターボタンの周囲に配置。さらに、ボディー右肩に表示パネルを装備し、これまでと同じスタイルでの撮影も可能です。フォーカスポイント操作が可能なサブセレクターや、仕切りを設け指先の感触で識別可能なFn1/Fn2ボタンなど、ファインダーを覗いたままでの操作性にも配慮。静止画撮影時には動画撮影ボタンにWBを割り当て可能にするなど、操作性を高める新しい機能も搭載しています。また、再生・削除ボタンをボディー左側、拡大・縮小ボタンを右側に配置しており、画像確認作業は両手で素早く行えます。

用途に応じてサイズが選べるRAWファイル

RAWファイルが持つ画像編集の自由度は活かしたいものの、大きなファイルサイズの画像は必要ない場合には、12ビットロスレス圧縮RAWで、より小さなファイルサイズを選べます。

プロフェッショナルの使用に耐える高い機動力と信頼性の両立

大幅に薄型化したミラーレスカメラならではの小型・軽量ボディーは、携行性に優れ、フットワークのよい機動的な撮影を可能にします。さらに、マグネシウム合金を使用した堅牢なボディー、シャッターの耐久性、防塵・防滴性能など、D850と同等の高い信頼性を確保。プロフェッショナルのハードな撮影を、機動力と信頼性の両面からサポートします。

約134(幅)×100.5(高さ)×67.5(奥行き)mm、質量約675g※と、同じニコンFXフォーマット、有効画素数4575万画素のD850と比べ大幅な小型・軽量化を達成。特に、ショートフランジバックとすることで格段に薄型化しており、奥行きを短縮しながら、グリップはしっかりと握れる深さを確保しています。

バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く。

シャッターユニットは、D850同様、カメラに実装された状態で20万回におよぶテストをクリアーしています。また、シャッターボタンにはリーフスプリング式スイッチを採用。より繊細にシャッターボタンに反応するので、シャッターチャンスをより確実に活かせます。

ボディーには軽量で堅牢なマグネシウム合金を使用し、高い剛性と耐久性を保ちながら軽量化を実現。接合部には効果的なシーリングを施し、悪天候でも安心して撮影できる高い防塵・防滴性能を確保しています。厳しい撮影環境での風景撮影や、屋外で長時間撮影することが多いインターバルタイマー撮影にも安心して臨めます。

高速書き込み・読み出し、堅牢性も兼ね備えたXQDカード

記録媒体には、高画素デジタルカメラの大容量画像ファイルも高速で書き込み・読み出しができるXQDカードを採用。記録のための待機時間が短く、ストレスなく撮影に集中できます。また、高い堅牢性も兼ね備えており、安心して使用できます。将来的にCFexpressカード(Type B)にも対応予定※。プロフェッショナル用途でより幅広く使用できます。

Z 7での対応にはファームアップが必要です。

新たに、ニコン純正のXQDカード(120GB/64GB)を用意しました。

XQDカード 120GB/ XQDカード 64GB

本体に装填したままでも充電可能なLi-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15b(付属) 【NEW】

バッテリーには、Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15b(付属)×1個が使用可能。バッテリーチャージャー MH-25a使用の充電に加え、カメラのUSB端子に接続する本体充電ACアダプター EH-7P(付属)を介して、EN-EL15bをカメラに入れた状態での充電も可能です※。

カメラ本体にEN-EL15aまたはEN-EL15を使用している場合は、本体充電ACアダプターでの充電はできません。
Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15b
本体充電ACアダプター EH-7P