Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

冬に咲く椿花・植物

花の少ない寒い季節。色でも形でも目立つのは椿の赤い花でしょうか。比較的大きな花で撮りやすく、色々なバリエーションで表現できるのが魅力です。

「緑陰にひっそりと咲く」というイメージは咲く季節の気温の低さも関係するかもしれません。一枝に咲く一輪を見つけ、花が最も美しく映えるという花芯の見える位置から撮影しました。

撮影時のポイント

  • 望遠レンズの「ボケ効果」を生かすべく絞りを開放
  • 花の後ろに、光が当たった状態の明るい緑を持ってくる
  • 露出に注意し(-1.0)、花の色を忠実に出す
  • カメラがブレないよう、三脚を使用

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:200mm
絞り値:f/2.8
シャッタースピード:1/125秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 640
その他使用機材:三脚

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

やさしい雰囲気を感じられるように、画像編集時にソフトフィルターをかけています。花の数をたくさん入れて、にぎやかさも表現しています。
手持ち撮影のためISO感度を上げ(ISO800)シャッタースピードも早くして手ブレを防止しました。

木の下の暗い所にあった椿でしたので、思い切って露出をプラス(+1.3)にして花と葉の色を出しています。光の当たっている背景部分は露出オーバーになりますが表現上問題はありません。

露出補正についての情報はこちら

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春を呼ぶ水仙

このレシピを見る

春の到来を告げる福寿草

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る