Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

一枝の梅花・植物

寒さが緩み始める時期になると、可憐な花が早い春の訪れを教えてくれます。凛とした雰囲気、日本らしい被写体である梅の花は、色も咲き方もその木によってさまざま。カメラを向ければ枝ごとに個性豊かな表情を写し出すことができるでしょう。

枝で画面を大胆に切り分けた一枚。直線的な枝ぶりが面白い効果を出しています。背景は色の違う花が咲き誇っていますが、ぼかして整理することで一本の細枝が引き立ちました。咲いた花を一輪にとどめ、他はまだ蕾のままの枝を選択することで、春の始まりを予感させます。
お昼過ぎ、やや左側高めの位置に太陽がある順光のタイミングに、カメラを手持ちして撮影しました。

撮影時のポイント

  • 望遠レンズを使って背景をぼかす
  • 被写体が暗くならないよう逆光に注意
  • 順光で空の青さを鮮やかに捉える
  • 白い花は露出が難しいため、露出補正を段階的に使ってベストの補正を選ぶ
  • 色の違う花を重ねるよう配置し被写体を浮き立たせると同時に、画面に華やかさを演出

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
焦点距離:135mm
絞り値:f/4.8
シャッタースピード:1/500秒
ホワイトバランス:オート
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.3段
フォーカスモード:AF-A
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

高いAF性能を備えた軽量コンパクトな超望遠ズームレンズ

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

地面に散った花や花弁には独特の詩情があります。落ちた花と庭石の模様をつかってアートな一枝を表現してみました。画面左に大きく余白をとり、余韻を持たせています。カメラを下向きに構えた場合も露出は難しいもの。露出補正を段階的に使って好みの露出をみつけてください。

梅の枝は縦構図でも画になります。まるで一幅の日本画のよう。梅の直線的な枝は、強い印象を与えがちなので、なるべく主題になる枝の本数は少なくまとめます。この写真は順光で撮影していますが、あえて逆光で枝をシルエットにしてみるのも、水墨画のようで面白い一枚になります。

撮影・解説:村上 未知

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

冬に咲く椿

このレシピを見る

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春を呼ぶ水仙

このレシピを見る

春の到来を告げる福寿草

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る