Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

撮影シーンポイントガイド 〜猫のいる生活〜

飼い主が呼びかけても「ツーン」とした表情で無視したかと思えば、「遊んで~」とゴロゴロ甘えてくる……猫の魅力は気分屋でギャップのある性格ではないでしょうか。クリクリの目、フワフワな毛並み、プニプニの肉球などの愛らしい姿は、何枚撮影しても飽きることはありません。今回は一緒に暮らしているだけで癒してくれる猫のかわいい姿やほほえましいしぐさなど、飼い主だからこそ撮れるおすすめの撮影シーンをご紹介します。

残しておきたい「猫のいる生活」ベストシーン

じっと見つめられたらもうメロメロ
吸い込まれそうな瞳の「カメラ目線」

一緒に暮らしている愛猫だからこそ撮りたいのが「カメラ目線」の写真。猫の正面に回り、撫でたり名前を呼んだり猫とコミュニケーションを取りながら撮影してみましょう。なかなかカメラの方を向いてくれないという場合は、おもちゃやおやつをカメラの前に持ってきたりして猫の興味をカメラに向かせるのがテッパンテクニック。家族や友だちにお願いして、撮影中に猫の注意を引いてもらうとより撮りやすくなります。
※撮影するときは猫を驚かせたり目を傷つけたりしないため、「電子音」、「フラッシュ」、「内蔵AF補助光の照射」の設定はオフにしましょう。また、ピントは猫の目にしっかりと合わせるのがコツです。

一生の7割をゴロゴロして過ごす猫
「くつろいでいる姿」はシャッターチャンス

“猫”の語源はよく寝るため「寝子」からきている……と言われるほど、猫は一日中ゴロゴロしています。そんなときの猫はほとんど動かないので撮りやすいシチュエーションと言えるでしょう。また、構図やアングルをじっくり吟味して撮影することもできます。肉球やしっぽなど体のパーツを撮るのもおすすめですよ。

こんなシーンも撮っておきましょう

全身の写真

頭からしっぽまで全身を写した写真を撮っておけば、フォト雑貨を作ったりコラージュアルバムを作ったりするときの素材としても重宝します。

猫ならではのしぐさ

毛づくろいや香箱座りなど、猫ならではのかわいいしぐさはぜひ押さえておきたいところ。また、その猫がよく見せる表情やポーズ、特有の座り方など、その猫の個性がわかるような写真も忘れず残しておきたいですね。

複数の猫を一緒に

多頭飼いをしている方は、複数の猫を一緒に撮ってみましょう。おもちゃを動かすなどして複数の猫が一斉に同じ方向を見た瞬間がシャッターチャンス。猫たちの目線を合わせるのが難しいときは1匹を主役に決めて、主役の子のタイミングでシャッターを切るとよいでしょう。

ごはん&おやつの時間

ごはんやおやつを食べているときは、猫の動きが止まりやすくなります。撮影するときは猫の顔が見える位置で、表情がわかるように猫の目線に合わせ低いアングルで撮ってあげるのがおすすめです。

モノクロで撮影する

ピクチャーコントロールの[モノクローム]を選べば簡単にモノクローム写真が撮影できます。カラーとは違った雰囲気のおしゃれな写真になるだけでなく、背景に生活感が写り込んでしまう場所での撮影もごちゃごちゃした印象が軽減されるのでおすすめです。

顔のアップ

普通の顔だけの写真からさらにググッと寄って、迫力のある顔のアップも撮っておきましょう。カメラを持って近づくと怖がって逃げてしまう猫もいます。グッと寄るときは望遠レンズがおすすめです。近づいても大丈夫な猫は、レンズの広角側を使って近づけば鼻が大きくデフォルメされた写真が撮れます。

体の一部分

つい顔ばかりを撮りがちになってしまいますが、鼻や口元、手足や肉球、しっぽなど体の一部分を主役にして撮影した写真もかわいいものです。また、組写真やアルバムにまとめるときのサブカットとしても重宝します。

まんまるの大きな瞳

猫の目は興奮すると瞳孔が開き、らんらんと輝きます。おもちゃを猫に見せ、瞳孔が開いた瞬間を狙って撮影しましょう。おもちゃは猫から少し離したところで動かすのがコツ。目でおもちゃを追いかけている間はじっとしていることが多いので、写真も撮りやすいですよ。

飼い主と一緒に

家族がいる場合は猫を抱っこしてもらい、猫が飼い主の顔をじっとみている瞬間など、飼い主との絆が垣間見られるような写真を撮ってみましょう。また、じっとしていられない子は、抱っこをして首の辺りをなでてあげると大人しくなることがあります。

おもちゃなどのアイテム

猫のおもちゃはカラフルでかわいいものが多いです。おもちゃやおやつなどを撮っておけば、組写真を作るときやアルバムにまとめるときにもバランスが取りやすくなります。

撮影した写真で“モコモコ羊毛のワイヤーフォトクリップ”を作ろう

かわいくすてきに撮れた「猫のいる生活」写真。そのままカメラに入れっぱなしはもったいない! プリントして部屋に飾ったり、アルバムにまとめたり、持ち歩いたり、生活の中に取り入れて写真をもっと楽しんでみてくださいね。
こちらのページでは、今回撮った写真をおしゃれに飾ることができる“羊毛フォトクリップ”の作りかたを紹介します。写真を楽しむアイデアの参考にしてみてください。

撮った写真でなに作る? “モコモコ羊毛のワイヤーフォトクリップ”へ

機材・グッズ紹介

D5500 18-140 VR レンズキット

直感的に使いこなせるタッチパネル&バリアングル液晶モニターを採用した小型・軽量ボディーのデジタル一眼レフカメラ。39点AFシステムで素早い猫の動きにもしっかりピントを合わせ、最高約5コマ/秒の高速連続撮影で決定的瞬間を逃しません。

製品の情報はこちら

関連リンク

好きな写真の「撮り方」レシピ

さまざまな題材に、具体的な「撮り方」をレシピとして紹介していきます。「これが好き」という写真を見つけたら、撮影方法やポイントをレシピで確認、撮影に活かすことができます。作品づくりの楽しさをひろげるヒントとしてぜひご活用ください。 今回撮影した「猫のいる生活」写真の“「撮り方」レシピ”も紹介していますので要チェックです!

好きな写真の「撮り方」レシピへ