Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

撮った写真でなに作る? “モコモコ羊毛のワイヤーフォトクリップ”

今回は見ているだけで癒される愛猫の写真をかわいく飾る、羊毛を使ったワイヤーフォトクリップを作ります。ビタミンカラーのカラフルなフェルトボール(羊毛ボール)が、愛猫のやんちゃでかわいい姿をより一層引き立てます。色違いのフォトクリップをいくつか並べて飾るのもかわいいですよ。

<使用する写真>
ワイヤーフォトクリップに飾る写真は、まんまるな瞳が印象的なおとぼけ顔の猫の写真。写真をクリップにはさむだけなので、フォトクリップとのバランスが取れればサイズや形など自由にアレンジした写真が飾れるのもポイント。手やしっぽなど猫のパーツを撮った写真を飾るのもいいですね。

猫を撮るときのおすすめシーンはこちらでチェック
撮影シーンポイントガイド ~猫のいる生活~ へ

<材料>
①羊毛10g(今回はフェルトボール(大)用に8g、フェルトボール(小)用に1g×2個で用意)
②直径2㎜のアルミワイヤー(35cmにカット)
③お好みのビーズ(今回はウッドビーズを使用)
※2㎜のワイヤーが通るビーズをご用意ください。
④お好みの器(今回は直径5cmのブリキカップを使用)
※器は空き瓶や食器などで代用可。器の大きさに合わせ羊毛の量を調整して作ってください。

<道具>
①泡せっけん(泡で出るハンドソープがおすすめ)
②40℃程度のぬるま湯を入れた容器
※ぬるま湯は容器の底から1cm程度入れておけばOK。
③竹串
④ペン

“モコモコ羊毛のワイヤーフォトクリップ” を作る

  1. 手順1 羊毛をほぐす
    塊になっている羊毛をフワフワな状態になるまで、裂くようにしっかりほぐします。
    <ヒント>
    しっかりほぐさないと羊毛がなじまないため、フェルト化したときにきれいにまとまりません。

  2. 手順2 羊毛をボール状に丸める
    ほぐした羊毛を端から少しきつめに巻いていき、ボール状に丸めます。フェルトボール(大)用の羊毛は8cm程度、フェルトボール(小)用の羊毛は4cm程度の大きさにします。
    <ヒント>
    フェルトボールになると、このとき丸めたボールの大きさからおおよそ60%ほど小さく縮みます。用意している器の大きさに合わせてボールの大きさを調整するとよいでしょう。

  3. ワンポイントアドバイス

    巻き終えたら、表面の羊毛をひっぱりながらならし、なめらかなボール状へ整えます。

  4. 手順3 丸めたボールにぬるま湯、泡せっけんをつける
    ぬるま湯を張った容器の中に手順2のボールをそっと入れ、表面全体をまんべんなく濡らします。泡せっけんをつけ、手で優しくボール全体になじませます。

  5. 手順4 ボールを手のひらで転がす
    ボールをつぶさないように、優しく包み込みながら手のひらで転がして丸めていきます。約10~15分ほど続けるとボールが縮み、直径5cm程度のフェルトボール(大)ができあがります。

  6. ワンポイントアドバイス

    力を入れて丸めるとシワができてしまうので、優しく優しく丸めるのがコツです。もしつぶれてしまったら、ボールを再び容器の水につけ、水を含ませて膨らませましょう。

  7. 手順5 流水でせっけんをすすぎ、乾かす
    フェルトボールをつぶさないように、流水でせっけんをすすぎ流します。フェルトボールが半乾きになるまで乾かします。同じ手順で小さいフェルトボールも2つ作ります。

    <ヒント>
    ドライヤーを使うとより速く乾かすことができます。

  8. 手順6 フェルトボールにワイヤーを通す
    竹串をねじりながらフェルトボールの中心に挿し込み貫通させます。そのままワイヤーの先端で竹串を押し出すようにワイヤーを通していきます。ワイヤーを貫通させたら、先端を15cmほど出しておきます。
    <ヒント>
    ワイヤーだけだとフェルトボールに挿すことができないので、竹串を使います。フェルトボールは目が細かいため、竹串のおしりとワイヤーの先端が離れてしまうとすぐに穴がふさがってしまいます。竹串のおしりとワイヤーの先端をくっつけ続けながら挿し込むのがコツです。

  9. ワンポイントアドバイス

    続けて、貫通させたワイヤーにビーズとフェルトボール(小)を通します。フェルトボール(小)は同じように竹串を使って通します。

  10. 手順7 ワイヤーの先端をペンで丸める
    写真を挟むクリップ部分を作ります。ワイヤーの先端をペンに巻きつけ、2周巻いたところでワイヤーを少し反対方向に曲げます。

  11. ワンポイントアドバイス

    巻きつけたワイヤーの間に写真を挟むので、ワイヤーは隙間が空かないようにしっかり巻きつけます。

  12. 手順8 余ったワイヤーをフェルトボールに巻きつける
    クリップの方にビーズとフェルトボール(小)を寄せ、余ったワイヤーをフェルトボール(大)のおしりの部分に巻きつけ土台にします。フェルトボール(大)を器に入れ、クリップに写真を飾ればできあがりです。

作品バリエーション

おいしそうなパンケーキの写真。スイーツの写真を飾るなら、ティータイムの雰囲気を演出したフォトクリップはいかがでしょう。茶色のフェルトボールとシックなティーカップでエレガントに仕上げます。

ポイント1 ワイヤーを湯気に見立てて曲げる

金色のワイヤーを使ってエレガントな雰囲気に。ティーカップから出る湯気に見立て、ワイヤーには何も通さず曲線を描くように曲げます。

ポイント2 フェルトボールを飾りつける

ティーカップにフェルトボールを入れ、全体のバランスを見ながら飾りマチ針やビーズなどお好みのものでデコレーション。ワイヤーにリボンを結んだり、カトラリーをフェルトボールの下に挿し込んだりと、写真やお部屋の雰囲気に合わせて飾りつけてみてください。

今回の講師 美和(みわ)

雑貨PHOTOクリエイター/クラフト作家
雑貨のようなかわいい写真を使って制作したフォトクラフト作品のことを"雑貨PHOTO"と呼び、お気に入りの写真を使ったアコーディオンブックや写真の飾りかたなどを提案。各地でワークショップを多数開催。著書やTV、作品展、雑誌、WEBなど幅広い媒体で活躍。