Nikon Imaging
Japan

D500

カメラの機能

多重露出

多重露出撮影は2~10コマまで重ねて写し込み、1つの画像として記録します。
合成モードの設定により、撮影した画像の仕上がりが異なります。

加算
全ての露光結果をそのまま重ね合わせます。

加算平均
重ね合わせた画像の露出が適正になるように、露光回数に合わせて自動的にゲイン(出力)を補正します。
• 各コマのゲインは、「1÷露光回数」となります。たとえば、露光回数が「2コマ」の場合は1/2、「3コマ」の場合は1/3になります。

比較明合成
撮影した画像の中から、画素ごとに明るい方を選んで合成します。

比較暗合成
撮影した画像の中から、画素ごとに暗い方を選んで合成します。

手順

01. 静止画撮影メニューの[多重露出]を選んでマルチセレクターの右を押す
02. [多重露出モード]を設定する

•[多重露出モード]を選んで、右を押します。
上またはを押して多重露出モードを設定し、ボタンを押します。
•[する(連続)]または[する(1回)]を選ぶと、多重露出の撮影待機状態になり、表示パネルにマークが点灯します。
03. [コマ数](露光回数)を設定する

•[コマ数]を選んで、右を押します。
上または3を押して露光回数を設定し、OKボタンを押します。
04. [合成モード]を設定する

•[合成モード]を選んで、を押します。
05. 1回目の撮影をする

• 撮影を始めると、マークが点滅します。

06. 2回目以降の撮影をする

•[する(連続)]の場合、[多重露出モード]で[しない]を選んで多重露出モードを解除するまで、多重露出撮影できます。

多重露出モードが[する(1回)]の場合、手順03で設定したコマ数分の撮影をすると、多重露出撮影が解除され、マークが消灯します。

多重露出撮影を終了するには

設定したコマ数分を撮影する前に多重露出撮影を終了するには、多重露出モードを[しない]に設定します。多重露出撮影を中断すると、その時点までの露光結果だけを重ね合わせた画像が記録されます([合成モード]を[加算平均]に設定していた場合は、露光回数に合わせてゲイン補正が行われます)。

このほか、次の場合も、多重露出は終了されます。
• ツーボタンリセットを行ったとき
• カメラの電源をOFFにしたとき
• バッテリーの残量がなくなったとき
• 多重露出中に撮影した画像を削除したとき

D500 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら