Nikon Imaging
Japan

D3400

撮影のコツ

風景をバックに撮る

露出補正:0 EV
露出補正:+1.0 EV

観光に行けば、そこの風景をバックに記念写真を写したくなります。
そんな時は、光線のあたり方に注意しましょう。実際その場では光のあたり具合は選べません。それぞれのあたり方にあった、撮影をしましょう。仮に順光(被写体に光が直接あたっている)の場合、カメラは必要以上に明るいと判断し、暗めに撮影してしまう場合があります。その時は「露出補正」を使います。+方向に補正値を動かせば適正な明るさまでカメラが調整してくれます。

逆光
日中シンクロ(内蔵フラッシュ)

光線が逆光(被写体の後ろ方向に強い光がある)、もしくは被写体が暗い場所にいて背景が明るいときも、被写体の顔が暗く写ることがあります。そんな時には内蔵フラッシュの利用も有効です。背景の露出に合わせてフラッシュが発光しバランスの取れた一枚に仕上がります。

風景をバックに撮る で使った機能
機能の詳しい説明や操作手順についてご確認いただけます。

D3400 の「撮影のコツ」をもっと見る
ページトップへ戻る
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら