COOLPIX P1000
実践テクニック

  • P1000製品イメージ
  • いくつかのポイントをおさえれば、撮影レベルは格段に上がります。COOLPIX P1000の各種設定を理解して、実践を重ねましょう。本ページでは、RAWファイルの現像作業も紹介します。

01 オートフォーカス(AF)のヒント 01 オートフォーカス(AF)のヒント

面積が大きい月は、ほとんどの場合、AF撮影が可能です。適した設定を覚えて効率よく撮影を進めましょう。

「遠景AF」を試してみましょう 「遠景AF」を試してみましょう

月を撮影する場合は、無限遠付近でピントを合わせる「遠景AF」が便利です。

遠景AFイメージ 遠景AFイメージ

AFエリアは「ターゲットファインドAF」で AFエリアは「ターゲットファインドAF」で

月齢や構図によって月が画面のどの位置に来ても、
ターゲットファインドAFにしておくとAF撮影できる確率が高まります。

ターゲットファインドAFイメージ ターゲットファインドAFイメージ

02 マニュアルフォーカス(MF)のヒント 02 マニュアルフォーカス(MF)のヒント

木星や土星などの面積が小さい天体はAF機能がうまく働きません。MF撮影にトライしてみましょう。

MF設定方法 MF設定方法

MF設定方法イメージ MF設定方法イメージ

微妙なピント合わせは「コントロールリング」で 微妙なピント合わせは「コントロールリング」で

フォーカスモードセレクターがMFの時は、コントロールリングで細かいピント合わせができます。

●リモコン ML-L7でもMFのピント合わせができます。

コントロールリングイメージ コントロールリングイメージ

03 セルフタイマーで撮影しよう 03 セルフタイマーで撮影しよう

セルフタイマー設定方法 セルフタイマー設定方法

三脚、赤道儀を用いた撮影では、シャッターボタンを押した際の振動を避けるため、セルフタイマーで撮影しましょう。COOLPIX P1000では、シャッターがきれるまでの秒数を10秒、3秒より選択可能。三脚などを使用する超望遠撮影では、まず3秒で試してみて振動が収まっていれば3秒に、もし3秒では振動が残っているような場合は10秒にしましょう。

セルフタイマー設定方法イメージ セルフタイマー設定方法イメージ

セルフタイマー解除設定 セルフタイマー解除設定

COOLPIX P1000では、セルフタイマー撮影後、セルフタイマー設定は解除されます(初期設定)。月や惑星のように継続してセルフタイマーで撮影する場合には、下記設定を行ってください。

●月モードで撮影後、セルフタイマー設定は3秒となります。

セルフタイマー解除設定イメージ セルフタイマー解除設定イメージ

04 惑星の模様や月の海をくっきり見せるには? 04 惑星の模様や月の海をくっきり見せるには?

ピクチャーコントロールで調整 ピクチャーコントロールで調整

COOLPIX ピクチャーコントロールを使えば、被写体の状況や撮る人の好みに合わせて、コントラストや色調をコントロールできます。

ピクチャーコントロール調整イメージ ピクチャーコントロール調整イメージ

ピクチャーコントロール調整例 ピクチャーコントロール調整例

ピクチャーコントロール調整例イメージ ピクチャーコントロール調整例イメージ

RAW現像で思いどおりの画に! RAW現像で思いどおりの画に!

撮影時にRAWファイルで記録をしておけば、ホワイトバランスや露出補正などの設定を撮影後に編集可能。
撮影に慣れてきたら現像作業にもこだわってみましょう。

ニコンのRAWファイル現像に特化した純正ソフトウェア「Capture NX-D」 ニコンのRAWファイル現像に特化した純正ソフトウェア「Capture NX-D」

Capture NX-D Capture NX-D

下記の3ポイントを参考にして、撮影画像の現像にトライしてみましょう。

  • 色の調節

    全体の色の調節はホワイトバランスを用いて行うのが簡単です。マニュアルホワイトバランスなどいろいろなアプローチがありますが、色温度を用いるのが分かりやすいでしょう。

  • 階調の調節

    ハイライトからシャドウに至る階調の調節はピクチャーコントロールの選択と、必要があれば詳細設定を用いると簡単です。もっと細かく調節したい時はトーンカーブで処理します。

  • シャープネスの調節

    細部のメリハリは、ピクチャーコントロールの輪郭強調などで調節します。輪郭強調を強くするとメリハリはつきますがノイズも目立ってくるので、バランスがポイントです。

Check!

COOLPIX P1000で撮影する際、RAWファイルで記録できるのは焦点距離が3000mm相当以下で撮影する場合です。RAWファイルから現像したい場合は3000mm相当以下で撮影してください。また、RAW形式でのファイル記録が設定されている場合は、3000mm相当を超える電子ズーム領域が使用できませんのでご注意ください。

●焦点距離は35mm判換算です。

Capture NX-Dの詳しい情報はこちら

RAW現像 調整例A RAW現像 調整例A

RAW現像調整例Aイメージ RAW現像調整例Aイメージ

RAW現像 調整例B RAW現像 調整例B

RAW現像調整例Bイメージ RAW現像調整例Bイメージ