Nikon Imaging
Japan

フルサイズミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」で撮影したN-Log映像に適用する「N-Log用3D LUT」を8月27日に公開および「Z 7」「Z 6」用RAW動画出力機能の有償設定サービスを年内開始予定のご案内

  • 2019年08月27日
    製品情報
  • 平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

    フルサイズミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」で撮影したN-Log映像に適用する「N-Log用3D LUT」を2019年8月27日に公開、および「Z 7」「Z 6」のRAW動画出力をサポートするアップデート用ファームウェア公開と有償設定サービスを年内に開始予定です。

    「N-Log用3D LUT」公開

    「N-Log用3D LUT」(LUT:Look Up Table)を、「Z 7」「Z 6」で撮影したN-Log映像のカラーグレーディング※時に適用すると、RGB、明度、彩度、色相が、それぞれのプリセットデータに基づいて自動的に調整されます。10ビット記録に最適化した「Z 7」「Z 6」のN-Log HDMI出力映像は、撮像素子のダイナミックレンジを最大限に活用しており、ハイライト部とシャドー部の豊かな階調で柔軟なカラーグレーディングが可能です。これに「N-Log用3D LUT」を適用することで、Rec.709の表示に対応したモニターで美しく見ることができる映像に仕上がります。

    「N-Log用3D LUT」はニコンのダウンロードセンターからダウンロードしていただけます(無償)。内容・導入方法・注意事項などをご確認の上、ダウンロードを行ってください。

    URL:https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/520/N-Log_3D_LUT.html

    カラーグレーディングを行うには、対応する他社製動画編集用ソフトウェアが必要です。

    「Z 7」「Z 6」用RAW動画出力機能の有償設定サービス年内開始予定

    RAW動画出力をサポートするファームウェアアップデートを「Z 7」「Z 6」に実行し、有償にてサービスセンターで設定変更を行うとATOMOS社製の4K対応SSDレコーダーNinja VでProRes RAW形式で記録可能になります。これにより「Z 7」「Z 6」は、現在プロフェッショナル向けのシネマカメラでのみ可能なRAW動画出力をサポートする、初めてのミラーレスカメラとなります。静止画のRAWデータ同様に豊富な情報を持つRAW動画ファイルによってカラーグレーディングの自由度が格段に高まるため、「Z 7」「Z 6」はプロフェッショナル向けのシネマカメラと同様に、本格的な映像制作に対応することができます。

    今後ともニコン製品に一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

    以上

    こちらに掲載されている情報は公開日現在の情報となり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
    ニコンイメージングプレミアム会員
    ニコンイメージング会員

    このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
    ログインID統合手続きはこちら