Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

お家で見よう!~動画でわかる!ニコンカレッジ講師陣~

ニコンカレッジ講師陣を動画でご紹介します。今後も紹介動画を充実させていきますので、お楽しみに!
各講師のYouTubeチャンネルまたはニコンイメージング公式YouTubeチャンネルの外部サイトへリンクいたします。
各講師のYouTubeチャンネルによっては広告が表示されることもありますが、ニコンの推奨するものではございません。
秋山 華子
1983年、奈良県生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業、同大学研究課程修了、同研究室勤務。 その後、写真家・織作峰子氏に師事。「日常の息づかいと痕跡」をテーマにスナップ、風景を撮影し作品制作を続けている。
浅野 久男
札幌市出身。北海道を中心に、旅と風景を題材とした撮影活動を続ける。札幌・東京・ロンドンでの個展、グループ展多数。札幌市写真文化振興事業・東川町国際フォトフェスティバル企画委員など「芸術と街づくり」の活動も継続。D810プロモーション撮影を担当。
東 隆石
奈良県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。(株)フォトAG入社後、1987年フリーランスとなり、スタジオアミューズを設立。ポートレートを中心にコマーシャルフォトで活躍中の傍ら写真教室の講師も務める。バンタンデザイン研究所講師。(公社)日本広告写真家協会(APA)理事。アミューズフォトスクール講師、センター写真講座講師。
石田 美菜子
東京出身。日大芸術学部写真学科卒業。1988年前衛舞踏グループ山海塾を被写体にした作品で個展を開催。フリーランスとなる。1991年文化庁芸術インターンシップ研修員。2001年よりWEBを始め雑誌、TV、DVDでやさしい写真の撮り方を指導。APA刊・年鑑日本の広告写真2004に入選。公益社団法人日本広告写真家協会(APA) 正会員。財務省関税等不服審査会委員。
今道 しげみ
神戸女学院大学を卒業後、全日空のCAとして勤務。1990年よりロンドンでフラワーデザイナーとして活動を始める。2005年に、東京・久我山で女性向けの一眼レフ講座の先駆けとなるフォトスクール『LIVING PHOTO』をスタートし、定期的に開催。暮らしの中のシーンを美しく切り取る『LIVING PHOTO』を独学で考案し、商標登録も取得。
上田 晃司
米国サンフランシスコに留学し、写真と映像の勉強しながらテレビ番組、CM、ショートフィルムなどを制作。帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントを経て、フリーランスのフォトグラファーとして活動開始。人物を中心に撮影し、ライフワークとして世界中の街や風景を撮影。近年では、講演や執筆活動も行っている。主な著書は、「写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101」や「写真が上手くなる デジタル一眼 基本&撮影ワザ」「ニコン デジタルメニュー100%活用ガイド」などがある。
岡本 洋子
東京都生まれ。東邦大学理学部生物学科卒業。企業勤めの後、日本写真芸術専門学校にて写真を学ぶ。故秋山庄太郎氏の最後のアシスタントを務め"花"や"人物ポートレート"を学ぶ。現在は 写真教室講師の他、コンテスト審査員、雑誌にて活動中。2009年に初の個展"容花(かたちばな)"を開催。(社)日本写真協会(PSJ)会員、日本自然科学写真協会(SSP)会員。
梶山 博明
旅で出会う自然風景が得意分野であり、旅と自然が創り出すドラマを1枚の写真で表現する「一旅一写」をメインテーマとして創作活動を続けている。(公社)日本写真家協会(JPS)会員・日本旅行写真家協会(JTPA)会員・総合旅行業務取扱管理者で旅に対する造詣も深い。
金子 美智子
宮城県仙台市生まれ。1987年 奥日光で感動の1枚の写真に出会い写真活動に入る。故秋山庄太郎氏に師事。その後写真事務所設立しフリーのカメラマンとなる現在、 自然の色彩の美しさに魅せられ、全国各地を車中泊の旅をしながら心を癒す四季折々の風景写真と鉄道のある風景を撮影。自然風景を中心に企業カレンダー・書籍・雑誌などに執筆。セミナー写真教室講師、テレビ出演など活動。(公社)日本写真家協会(JPS)会員、日本写真芸術学会(JSAHP)会員。
木村 一成
愛知県一宮市出身。東京写真専門学校名古屋校卒業。卒業制作「眼差し」において中日新聞社賞。フリーカメラマンとして様々な仕事をするかたわら、街頭スナップ、人物などを撮り続ける。渓流釣り師の取材撮影がライフワーク。写真集「叙情都市名古屋」。同作を名古屋セントラルギャラリーにて個展。専門学校名古屋ビジュアルアーツ写真学科講師、(公社)日本写真家協会(JPS)会員。
クキモトノリコ
旅をしながら写真を撮ることを目指して学生時代に一眼レフカメラを手に入れて以来、多くの海外を訪れ旅写真を撮り続けている。現在は旅以外にも日々のささやかな出来事を撮りながら写真を楽しむための様々なセミナー講師を務めている。
熊切 大輔
東京生まれ。東京工芸大を卒業後、日刊ゲンダイ写真部を経てフリーランスの写真家として独立。ドキュメンタリー・ポートレート・食・舞台など「人」が生み出す瞬間・空間・物を対象に撮影する。スナップで街と人を切り撮った写真集「刹那 東京で」を2018年に発売と共に写真展を開催。「東京動物園」「東京美人景」の三部作で東京の今を撮り続けている。(公社)日本写真家協会(JPS)理事。
小山 敦也
神奈川県在住。故杉木直也氏、広告写真家五頭輝樹氏に師事。メーカー勤務中カタログ制作やタレント事務所プロフィール写真、タレント写真集などに携わる。現在女性写真にこだわり活動中。JPS展2013入選。APAアワード2014入選。相模原カルチャーセンター講師。(公社)日本広告写真家協会(APA)正会員 セミナー事業部担当部長兼理事。
酒井 梨恵
1979年、東京生まれ。竹内敏信氏の事務所に入社し、2009年よりフリーに。最近では日常の中に垣間見えるシュールな空間を探してスナップしている。その他、素朴に生える草の形に見せられた新たな作品制作にも取り組む。写真教室講師や写真雑誌等の執筆も行う。
佐藤 仁重
東京・六本木生まれ。写真家。女子美術短期大学造形科卒。女性だけの写真教室主宰。写真教室やイベントの講師。フォトコンテストの審査員。個展も多数。風景、スナップ、人物、海外など「光と影」をテーマに撮影。(公社)日本写真家協会会員(JPS)会員。にほんかい自然写真学校教授。全日本写真連盟関東本部委員。
椎原 一久
1956年東京生まれ。九州産業大学、芸術学部写真学科を卒業後、椎原写真事務所を設立、舞台やクラシック音楽を中心に撮影している。2008年 ニューヨーク A-forestGalleryにてニューヨーク在住の若手作家2人と写真展開催、2012年フランス・ボルドー市にて2人展開催。(公社)日本広告写真家協会(APA)会友。
助川 康史
1975年東京生まれ。秋田経済法科大学法学部、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業後、鉄道写真家の真島満秀氏に師事。鉄道車両が持つ魅力だけでなく、鉄道を取りまく風土やそこに生きる人々の美しさを伝えることをモットーに日本各地の線路際をカメラ片手に奮闘中。鉄道ジャーナルや鉄道ダイヤ情報などの鉄道趣味誌や旅行誌の取材、JTB時刻表(JTBパブリッシング)やJR時刻表(交通新聞社)などの表紙写真を手掛ける。またJR東日本などの鉄道会社のポスターやカレンダー撮影も精力的に行っている。日本鉄道写真作家協会(JRPS)理事。(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属。
その江
新潟県出身。東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事。 2003年、「Lightinguz(ライトイングス)」として独立。 スティルライフ、ポートレート、インテリア、ペットを中心に、独自の視点・感性で撮る広告写真等で活躍。各種写真セミナーでは、「ハートで撮ること」の大切さを改めて伝えている。公益社団法人日本広告写真家協会(APA)正会員。
中山 博喜
福岡生まれ。京都造形芸術大学デザイン学科卒業。大学卒業後5年間にわたり、NGO団体・ペシャワール会の現地ワーカーとして活動に参加。活動の傍ら、パキスタン、アフガニスタンの日常を撮影する。帰国後は撮りためた写真を個展などで発表するとともに、色彩をテーマとしたカラー作品の制作を行っている。2009年より京都造形芸術大学准教授。
西村 仁見
奈良県生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業。雑誌編集プロダクションのカメラマンを経て、2003年よりフリーランス。料理、建築物、風景など幅広いテーマに取り組み、雑誌、広告を中心に多方面で活躍中。その他、ライフワークとして「ふらっと出会ったネコ」「アンニュイな風景」などをスナップショットしている。(公社)日本写真家協会(JPS)会員。
西村 優子
写真広告やモデル撮影のほか、料理・建築・インテリアなどの撮影も行う。写真の楽しさを広めたいとの想いから、ニコンカレッジの他、大学講師や企業向け写真セミナーも行っている。
塙 真一
東京都出身。人物をメインの被写体とするフリーランスのフォトグラファー。カメラ誌に写真や記事を寄稿するほか、週刊誌などのグラビア撮影などを行う。また、海外での肖像写真撮影、街風景のスナップにも精を出す。
ハヤシ アキヒロ
岐阜県岐阜市出身。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂本樹勇氏に師事。水中写真プロダクション、大手芸能プロダクションを経て独立。現在、映画ポスター、CDジャケット等タレントの撮影を中心に活動。2012年公開の映画『私の叔父さん』(高橋克典主演/細野辰興監督/連城三紀彦原作)では、写真監修としてメインスタッフ参加。2013年7月18日より、名古屋セントラルギャラリーにて個展を開催。公益社団法人日本広告写真家協会(APA)正会員。
林 直
1967年京都府生まれ。大阪芸術大学写真学科を卒業後「東川町国際写真フェスティバル」の企画運営の補佐。93年より地元で写真館経営、京都国立近代美術館客員研究員を兼務ののち、現在は写真館のほか、大阪芸術大学、同志社女子大学に於いて講師として活躍中。国内外で写真展多数開催。
深澤 武
1974年埼玉県生まれ。東京理科大学工学部卒業後フリー写真家になる。2004年以降ニコンデジタル一眼レフカメラで自然風景の撮影に取り組んでいる。学生時代から北アルプス白馬岳など信州をメインフィールドとして活動。最近では沖縄・八重山諸島など南の島にも撮影領域を広げている。富士フイルムフォトサロンなどで写真展多数開催。写真集「沖縄・八重山諸島」(青菁社)、「ニッポンの桜100選」、「厳選日本の紅葉」など著書多数。(公社)日本写真家協会(JPS)会員。
藤村 大介
1970年生まれ。香川県出身。アシスタントを経て独立後、世界500都市以上を取材。「旅」をテーマに世界を撮り、風景、街並み、夜景、世界遺産等を撮影。2002年、世界の夜景だけでの個展を富士フォトサロン(銀座)にて開催。現在の夜景ブームの先駆けとなる。近年は「地上から宇宙へ繋がる心」をテーマに撮影。都市に限らず光を極限まで追い詰めた環境でも夜景を撮影している。著書に「世界のまがとき、カメラ旅」。(公社)日本写真家協会(JPS)正会員、日本旅行写真家協会(JTPA)正会員。
水咲 奈々
東京都出身。大学卒業後、舞台俳優として活動するがモデルとしてカメラの前に立つうちに撮る側に興味が湧き、作品を持ち込んだカメラ雑誌の出版社に入社し編集と写真を学ぶ。現在はフリーの写真家として雑誌やWEB、イベントや写真教室など多方面で活動中。興味を持った被写体に積極的にアプローチするので撮影ジャンルは赤ちゃんから戦闘機までと幅広い。数字や専門用語に弱い初心者にもわかりやすい優しい言葉を使った丁寧なレクチャーを得意とする。(公社)日本写真家協会(JPS)会員。
ミゾタユキ
日本大学芸術学部映画学科撮影コース卒。シーンの中のワンショットに魅かれ、北海道での観光写真業をきっかけに写真の世界へ。カメラマンアシスタントを経て独立。猫や日常、旅先でみつけた小さな情景を作品として撮り続ける。カメラ誌、書籍を中心に写真教室講師、フォトコンテストの審査も携わる。2019年 日本カメラ 月例フォトコンテスト学生の部 審査員。著書「カメラでパチリ へやねこ そとねこ」、共著「美しいボケの教科書」など多数。 ホームページ「Photographer Yuki Mizota」:http://mizotayuki.tumblr.com/
宮田 昌彦
1963年、大阪府生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。1991年、宮田昌彦写真事務所設立(現 株式会社エムツーフォト)。2001年、112人展、2005年、個展「刀匠 河内國平の世界」など写真展・執筆多数。イメージ写真、建築写真、人物写真など得意分野は多数。(公社)日本広告写真家協会(APA)会員。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科写真科目講師。
茂手木 秀行
1962年東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、出版社マガジンハウス入社。雑誌「クロワッサン」「ターザン」「ポパイ」「ブルータス」の撮影を担当。2010年フリーランスとなる。1990年頃よりデジタル加工を始め、1997年頃からは撮影もデジタル化。デジタルフォトの黎明期を過ごす。2004年/2008年雑誌写真記者会優秀賞。レタッチ、プリントに造詣が深く著書に「 Photoshop Camera RAW レタッチワークフロー」、美しいプリントを作るための教科書がある。
森 誠
京都府出身。写真家・高橋靖氏に師事。2003年より独立後Photo's Zero設立。鉄道関係の広告を中心にJRなどのTVCMにも協力。写真教室や鉄道イベント、鉄道フォトコンテスト審査委員長などで活躍。鉄道のある日常風景や人物などを撮影する日々。(公社)日本広告写真家協会 正会員(APA)・関西支部副部長。日本鉄道写真作家協会 正会員(JRPS)理事。シュピーゲル写真家協会会員。
渡辺 可緒理
北海道室蘭市生まれ。札幌大谷短期大学美術科卒業。短大時代から写真を学び、写真制作会社、スタジオ勤務を経て独立。子供を中心とした人物、婚礼、イベント、料理、宣材写真まで幅広く撮影。女性目線でわかりやすく、丁寧を心掛ける。
渡邊 翔一
1982年大阪生まれ、千葉育ち。早稲田大学商学部卒業。電機メーカー勤務を経てフリー。スポーツ写真、写真教室講師、フォトコンテスト審査員などで活動。ライフワークで世界各地の風景、スナップ撮影に取り組んでいる。(公社)日本写真家協会(JPS)会員。
渡邉 智之
茨城県出身。「自然と人のつながり」をテーマに、人の身近に暮らす野生動物と人との関係や自然とかかわる仕事・文化の撮影をしている。また、子どもや親子を対象にした写真教室なども行っている。ニコンプラザ新宿にて写真展「ホンドギツネって知ってる?~散歩道に潜む野生~」を開催。「Nikon Photo Contest 2016-2017 Next Generation部門:組写真 3位」など受賞暦多数。
わたなべりょう
こども・かぞくカメラマン。東京都出身。2007年武蔵野美術大学造形学部卒業。大学卒業後、一般企業に勤めながら独学にてカメラを勉強し、未経験からフリーランスカメラマンに転身。主にキッズ・ファミリー・マタニティフォトなどを撮影し、「女性ならではのやさしい写真」と定評がある。
和田 直樹
1964年大阪府池田市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。(株)電通のスタッフフォトグラファーを経てフリーに。個展「標高1500mの水」「京桜」「上海逍遥」などを開催。2012年ニコンサロン連続企画展Remembrance3.11に「惨禍 三陸沿岸部の定点記録」で参画。俳優、政治家、文化人のポートレートを得意とするが、アイルランドの風景、屋久島の自然、上海の歴史的建築物などをライフワークとして撮り続けている。ニッコールクラブオンライン写真添削講師。(公社)日本写真家協会(JPS)理事。
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員