Nikon Imaging
Japan

CP+2019二コンブース、フルサイズミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」に搭載予定の「瞳AF」と発売前のNIKKOR Zレンズの先行体験コンテンツなどを追加

2019年2月28日(木)から3月3日(日)までの4日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+(シーピープラス)2019」のニコンブースにおいて、開発中のフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」用のファームウェアで付加される静止画の「瞳AF」と、発売前の一部NIKKOR Zレンズを先行してお試しいただけるコンテンツを追加します。

瞳AF:人物の瞳を検出しフォーカスしているイメージ画像

開発中のファームウェアでは、ポートレート撮影に便利な静止画での「瞳AF」の他、「RAW動画出力」、「CFexpressメモリーカード」への対応を追加し、さらにAF・AE性能も向上させる予定です。

ニコンブースでは、本ファームウェアに関する参考展示をする他、ファームウェア公開に先行して「瞳AF」を搭載したデモ機材を実際にお試しいただけます。

また、4月に発売予定の新製品「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」や「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」をはじめ、開発中の「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」など様々なNIKKOR Z レンズをお試しいただける体験コーナーや、2019年以降発売予定のNIKKOR Zレンズラインナップを参考展示。「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」のカットモデルや大伸ばしの作品展示など、多彩なコンテンツでZマウントシステムの進化を体験いただけます。

なお、ニコンブースでお試しいただく「Z 7」「Z 6」「NIKKOR Z レンズ」は、撮影データのお持ち帰りはできません。

CP+ニコンブースWEBサイトは以下URLからご確認ください。

開発中のファームウェアの詳細

1. 静止画の「瞳AF」に対応(5月公開予定)

ポートレート撮影に便利な「瞳AF」に対応。止まっている人物撮影に便利なAF-S時だけでなく、AF-C時でも動作するので、ポージングを変える人物を撮影する時にも効果的です。また、複数の目を検出しピントを合わせたい目を選ぶこともできるので、複数人物がいる場合に撮影意図に応じてどの瞳にピントを合わせるかを変えることも可能です。

2. AF・AE性能の向上(5月公開予定)

高速連続撮影(拡張)時にはAFだけでなく、AEも追従します。さらに、低輝度AF性能を向上し、静止画でも動画でも暗いシーンでより早くピント合わせができます。

3. 「RAW動画出力」に対応

カメラから4K UHD、フルHDのRAWデータストリーム出力に対応。出力されたRAWデータストリームは、外部レコーダーで対応しているRAWフォーマットにて記録することができます。12 bitの豊富な階調を活かし、柔軟なカラーグレーディングを実現します。

なお、公開時期は後日ご案内いたします。

4. 「CFexpressメモリーカード」に対応

新規格のメモリーカード「CFexpress」に対応します。12,000回の挿抜試験をクリアする耐久性と高速性で、お客様に更なる安心とワークフローの効率化を提供します。もちろん、お持ちのXQDメモリーカードも継続してご使用いただけます。さらに、「Z 7」、「Z 6」に加え、今後「ニコンD5」(XQDモデル)、「ニコンD850」、「ニコンD500」にも順次対応していく予定です。

なお、公開時期は後日ご案内いたします。

XQDはソニー株式会社の商標です。
CFexpressはCFA(CompactFlash Association)の商標です。

以上

こちらに掲載されている情報は公開日現在の情報となり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。