Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

透明感のあるものをクリアに表現静物・テーブルフォト

清涼感のあるクリアな写真は、暑い夏に見かけると気分が爽やかになり嬉しいものです。透明な被写体を見つけたら作品撮りに挑戦してみましょう。SNSなどで公開するだけでなく、暑中見舞いのポストカードにして送っても喜んでもらえるかもしれません。

ビー玉やガラスでできたお皿の透明感を出すように撮影しました。ビー玉を乗せたお皿を窓際に置き、夏の太陽の下で撮影したような雰囲気をLEDライトで演出しました。この作品ではスピードライトSB-500に内蔵されているLEDライトを活用し、ライトはお皿の左斜め上に配置して半逆光状態にすることでビー玉の透明感や影の美しさを表現。露出はプラス補正にして明るめにすることで、透明感をさらに強調しています。

撮影時のポイント

  • 半逆光の状態にするためスピードライトを左斜め上に配置
  • LEDライトで、ライティングの効果を確認しながら被写体を配置
  • お皿全体を写すのではなく、ビー玉が乗っている部分を切り取る
  • ガラスの透明感を出すため、露出をプラス補正しオーバー気味に

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
絞り値:f/4
シャッタースピード:1/20秒
ホワイトバランス:プリセットマニュアル d-1, 0, 0
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:スピードライトSB-500(SB-500は、内蔵されているLEDライトを使用します)、三脚

おすすめ機材

スピードライト

おすすめのアクセサリー
スピードライトSB-500

小型・軽量で携行しやすく、単3形電池2本で使用できるスピードライトです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

冷たい飲み物は、透明感あるグラスに浮かぶ氷が夏をイメージさせるだけでなく、清涼感あふれる被写体です。グラスや氷の透明感を出すために、スピードライトを逆光状態になるよう配置しました。また、アイスティーのように地味な色合いの被写体になると華やかさに欠けるので、ピクチャーコントロールを「ビビッド」に設定しています。

この作品もアイスティーを撮影したものですが、夏の青空をイメージし背景に青い紙を配置し、右斜め上からスピードライトを発光させています。ピクチャーコントロールの明瞭度をマイナスに設定し、ふんわりとやわらかい描写にすることで、夏の暑さも表現した作品になりました。

撮影・解説:斉藤 勝則

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

スピードライトでチョコレートの質感を演出

このレシピを見る

思い出の花束をきれいに残す

このレシピを見る

いろいろな構図でフルーツを捉える

このレシピを見る

水滴を印象的に撮る

このレシピを見る

水滴で楽しむアート写真

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員