Nikon Imaging
Japan

夕暮れの海スナップ

風景やスナップなどでゴールデンタイムとも呼ばれる夕暮れはフォトジェニックで、独特の作品を生み出すことができます。何かひとつ主役になるものを据えて撮影をしてみましょう。

夕暮れの色づき始めた海岸線にちょうど3人組が歩いて来ました。海岸線の曲線とのバランスを考えて望遠レンズで切り取っています。日没後の、強い光がないタイミングに、カメラは手持ちにて撮影しました。

撮影時のポイント

  • 3人のシルエットが重ならないタイミング
  • 水面、砂地、人のバランスを考慮
  • ホワイトバランスを曇天にして少し赤みを追加

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:200mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/250秒
ホワイトバランス:曇天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 100

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

海面の光の中を進むヨットが主役です。撮影位置から遠いところにあったので、70-200mmのレンズに2倍のテレコンバーターを使用し330mmで撮影しました。ホワイトバランスを晴天日陰にして赤みを増やしています。

主役はサギのシルエットです。サギの向いている方を少し多めにするよう、画面のやや左側に配しています。奥の工場群を入れて画面の広がりや奥行き感を見せています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

澄んだ空気の中で秋祭りを撮る

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

古民家の趣

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る

湖面を彩る木々

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

秋祭りと人々

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら