Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

オンライン写真添削

オンライン写真添削講座のご案内

ニッコールクラブ会員の方で、メールアドレスをご登録済みであればどなたでも、インターネットで写真撮影のアドバイスが受けられます。プロ写真家と1対1で向き合えるので、じっくり学ぶことができます。

スキルアップして、写真をより楽しもう!

本を読んだり、プロの写真を参考にしたり色々やってみたけど、自分が思っている写真、プロのような作品がなかなか撮れない! そんな方はぜひオンライン写真添削で先生からヒントをもらってください。上手になるだけではなく、さらに写真を楽しくするための“コツ”を習得してください。

何を教えてくれるの?

人によって教わりたいことはさまざまです。
「プロのように撮りたい」と思う方には、構図についての手ほどきを。デジタル処理を向上させたい方は、加工のコツを学ぶこともできます。 もちろん“とにかく楽しく、なんとなく上手になりたい”方もOK!先生が写真とニコンのカメラについて丁寧に指導します。

どのようなことをするの?

まず、添削に提出する作品作りから始めましょう。写真添削はフォトコンテストではありませんから上手に撮れた作品ではなくても大丈夫。 作品を撮影するときの「こんなふうに撮りたかった」「その時のこんな雰囲気を表現したいと思った」など、ご自身の思いを作品説明欄にお書き添えください。先生があなたの質問や悩みに答えてくれます。
提出作品のアップロードと作品に関するコメント記入が終わったら提出しましょう。あとは添削が返ってくるのを楽しみにお待ちください。添削結果はオンラインでも一定期間ご覧いただけますし、閲覧期間終了後にも見直しができるよう印刷もしていただけます。
一講座の添削を担当するのはすべて同じ先生です。先生からもらったアドバイスを次回以降で実践しながら作品作りを行うことで撮影の腕はより上達することでしょう。

添削結果ページサンプル1
添削結果ページサンプル2

応募資格

受講費用

応募期間

お申し込み方法

オンライン写真添削講座は、ニッコールクラブにご登録済みの方(当年度の年会費をご入金済みの方)で、メールアドレスをご登録いただいております皆様にご応募いただくことができます。 下記のリンクより、ニッコールクラブ会員ログインをしていただき、各講座情報をご確認ください。

オンライン写真添削講座(会員限定)


※ メールアドレスのご登録方法についてはこちらをご覧ください。
※ 応募多数の場合は抽選となります。
※ 担当の講師をお選びいただくことはできません。

添削講師のご紹介

石田 美菜子 いしだ みなこ

東京都出身、日大芸術学部写真学科卒。故・三木淳、塚原琢哉両氏に師事。広告スタジオアシスタントを経てフリー、現在に至る。広告撮影のほか日常の風景、職人の手仕事、信仰など。「前衛舞踏」「風水」をテーマにした作品で個展を開催。2019「TIME OF THE TIMES〜9人のフォトグラファーが見た平成・令和」写真展企画・出品。2020「CATCH LIGHTいつか必ず開かれる写真展」参加。公益社団法人日本広告写真家協会正会員/財務省関税等不服審査会委員/ニコンカレッジ講師/ニッコールクラブ支部講評講師/朝日カルチャーセンター講師

加藤 雅昭 かとう まさあき

1955年北海道生まれ、東京都在住。写真家・野上透氏に師事。日本大学芸術学部写真学科卒業。集英社・週刊明星写真部に専属として在籍した後、フリーに。映画スチールを経て、環境問題、食文化等の報道分野で活動。「苫小牧と福生からの報告」(加藤雅昭・太田真三)、「勇払原野-静かな大地の妖怪 1976~1996年」開催。公益社団法人日本写真協会会員。

川村 容一 かわむら よういち

1959年東京都出身。東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)で報道写真を学ぶ。
当時の愛機はF2フォトミックA。広告代理店写真部、編集プロダクション写真部勤務を経て独立。取材撮影、商品撮影を主とし雑誌、書籍、パンフレット、広報誌などに写真を提供。
雑誌やWebにてデジタルカメラのレビューもおこなっている。公益社団法人日本写真家協会会員、JPS展の運営委員として永く従事する。2012年個展「葛飾小菅、昭和のある町」を開催。

木村 正博 きむら まさひろ

1948年神奈川県箱根町生まれ。東京写真専門学校(現:ビジュアルアーツ)卒業後、モノクロラボ、カメラメーカー、写真雑誌勤務を経てフリーとなる。カメラ雑誌他に執筆し、新宿御苑撮影・散策ガイド等を出版。新宿御苑フォトコンテスト、全日本福祉写真コンテスト、日本鳥類保護連盟公募カレンダー審査員を務める。一般社団法人全日本福祉写真協会会長、公益社団法人日本写真協会。

畠田 冴子 はたけだ さえこ

1981年東京綜合写真専門学校卒業後、三本和彦・上野千鶴子が経営する三信工房に入社し両師に師事、現在に至る。写真関連誌に技術解説記事を執筆、審査ほか、アマチュア写真サークルの講師、展示の監修を行っている。
写真展
「街角の旋律」('12.5)Up40Gallary
「青き日のプレリュード」('12.10)Gallary 26日の月
「ティファナ」('19.1)Sawer Cafe
他グループ展
著書
「ステップアップ写真術・基礎編」朝日新聞社出版局 共著(上野千鶴子)
「楽しく学べる写真術」グラフィック社
「なるほど写真診断室」グラフィック社
「写真のアイデア帖」翔泳社

平塚 音四郎 ひらつか おとしろう

1958年生まれ、岐阜県出身。東京工芸大学卒業。 写真家、杉木直也氏に師事、風景から広告撮影、画像処理まで行っている。ライフワークでは、岐阜県関市の古木(株杉)をフィルム(4×5)で撮っている。撮影を大事にして広告写真のノウハウを活かし、被写体はなんでも主役として「魅せる」撮り方を心がけている。公益社団法人日本写真家協会会員(JPS)。公益社団法人日本広告写真家協会会員(APA)。

松倉 広治 まつくら こうじ

公益社団法人 日本写真家協会会員。仕事では、広告撮影を中心に活動。ものの美しさを最大限に引き出すことを信条として、写真の芸術性を高めるべく日々勤しんでいる。日本写真家協会ではJPS展に長らく関わり、現在はホームページの運営を担当。

和田 直樹 わだ なおき

1964年大阪府池田市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。(株)電通のスタッフフォトグラファーを経てフリーに。以後、広告や出版物で俳優、政治家、文化人のポートレートを長年撮影。また、ライフワークとしてアイルランドの風景、上海の歴史的建築物、屋久島の自然などを撮り続けている。個展「標高1500mの水」「上海逍遥」「京桜」「惨禍・三陸沿岸部の定点記録」などを開催。東京工芸大学芸術学部非常勤講師。ニコンカレッジ講師。公益社団法人日本写真家協会会員。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員