Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

THE GALLERY セレクション展
和田 直樹
Irish skies –創作の泉–

会期

2022年7月12日(火)~2022年7月25日(月)日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

2022年9月1日(木)~2022年9月14日(水)日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

アイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」の旋律を聴くと、あの緑豊かで空が広い穏やかな風景が思い浮かぶ。エンヤやU2などの音楽、ジョナサン・スイフトの『ガリバー旅行記』、詩人であり劇作家のウィリアム・バトラー・イェイツの妖精譚。作品には作者の人生経験はもちろん、生まれ育ち、生活してきた日常が礎にある。雲が速く流れ、空の表情は刻々と変わる。真っ青な海かと思えば、灰色の雲が広く覆い海は藍色となる。波のしぶきの強弱から風を感じる。どれも英国に隣接する島国のアイルランドの大地が織りなす。その風土が作品の根底に流れ、人々が引き込まれ、心を震わす。
私は約20年前に女性誌の取材で初めてアイルランドを訪れた。それ以来、いつも温かく迎え入れてくれる人々の笑顔と景色の表情が心地よかった。その居心地のよさに魅かれてアイルランドへの旅を重ねた。
今回の写真展では西部の大西洋沿岸部の光景を中心に、遺跡や小島で暮らす家族の姿を展示する。アイルランドの風土と気質を感じていただけたら嬉しいかぎりだ。

(和田直樹)

【トークイベント】和田直樹×山下直子「創作の泉となる、アイルランドの風土と気質」
和田直樹氏とアイルランド在住の山下直子氏が、写真展の展示作品の主な撮影地であるアイルランド西部沿岸部を南から北へ順にたどりながらその土地の特徴や撮影エピソード、出会った人々を紹介し、その土地に関係する文学や音楽、映画などについて語ります。 後援:アイルランド大使館

※山下直子氏はリモートの参加です。回線状態により山下氏が出演できないことがございます。ご了承ください。

日時:2022年7月16日(土)13:30~14:30
会場:ニコンプラザ東京ショールーム
定員:20名
参加費:無料
トークイベントのご参加はWEB予約が必要です。
トークイベントのご予約はこちら

プロフィール

和田 直樹(ワダ ナオキ)

1964年大阪府池田市生まれ。大阪府立箕面高等学校卒業。日本大学芸術学部写真学科卒業。(株)電通のスタッフフォトグラファーを経て独立。俳優、作家、アーティスト、政治家、農家のポートレートを広告や出版物で長年撮影。個展「標高1500mの水」「京桜」「上海逍遥」等を開催。2012年 ニコンサロン連続企画展「Remembrance3.11」に「惨禍、三陸沿岸部の定点記録」で参画。アイルランド、屋久島、上海、三陸沿岸部の被災地などをライフワークとして撮り続けている。東京工芸大学非常勤講師。ニコンカレッジ講師。全日本写真連盟関東本部委員。公益社団法人 日本写真家協会会員。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員