Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

<ニコンサロン>
山田 諭
祖父の戦争

会期

2022年5月17日(火)~2022年5月30日(月)日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

亡くなった私の祖父は、徳島県美馬郡にある村落で70年以上暮らした。
生前、戦中の体験をまとめた手記を残していて、私はそのコピーを持っている。

日中戦争(1937~1945)のさなか、1942年初めから1945年の敗戦まで、
祖父は関東軍の衛生兵として満州国(1932~1945)にいた。

中国東北部を旅し、手記に書かれた土地を訪ね、私は写真を撮った。
以前から撮影していた、祖父が暮らした徳島の家の写真と合わせてまとめ、
今回の作品「祖父の戦争」としている。

ハルビンをはじめとする、中国東北部の現在の光景は、祖父の見たものではない。
徳島の家や土地も、実際に祖父が生活していた時とは既に違う光景である。

私の記憶にある祖父の姿と、祖父の記した戦争の記憶。そして、それぞれが見た光景。
記憶と記憶、記憶にあるイメージと現実の光景と写真とのあいだ、
ズレや隔たりを伴いながら生じる、様々な「関係」を形にしたいと考えている。

(山田 諭)

プロフィール

山田 諭(ヤマダ サトシ)

1977年 徳島県生まれ
2003年 日本写真芸術専門学校卒業
2015年 個展「Flamme de Dieu」(コニカミノルタプラザ、東京)

作品掲載
「千春」(雑誌『世界』2009年4月号)
「Atomic Shadows」(雑誌『世界』2017年6月号)
「HIROSHIMAS 関釜航路」(雑誌『世界』2018年11月号)
「岸辺のできごと」(雑誌『世界』2020年2月号)

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員