Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

公益社団法人 日本写真家協会 企画展愛しい

会期

2021年2月2日(火) 〜 2021年2月8日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)
※緊急事態宣言発令に伴い時短営業となります:10:30~17:30(最終日は15:00まで)

2021年3月11日(木) 〜 2021年3月17日(水) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

好きなもの、興味のあるもの、魅力を感じたものへカメラを向けることから、多くの写真家はその道を歩み始めました。被写体への想いを表現し、伝えることが、プロ写真家の原点です。
「愛しい」という感情は、多様でありながら誰もが大切に想い、心に刻まれているでしょう。
このテーマに相応しい作品を全国のJPS会員より募り、企画編纂した写真展です。被写体としたものは誕生、死、家族、愛、伝統文化などさまざまです。19名の写真家が4枚組の作品に込めた「愛しい」を受け取っていただければ幸いです。
新型コロナウィルス感染症が世界中に広がり、写真家の表現や経済活動に大きな影響を与えています。社会全体が不安を抱え、寛容さを失った今だからこそ、「愛しい」と想うことが、喜びとなり、未来につながるように祈るばかりです。

■出展者
飯田照明、内田雅子、大津茂巳、大屋徳亮、木谷基一、木村佳代子、金城真喜子、熊切大輔、後藤剛、小林みのる、佐藤秀明
三田崇博、平寿夫、中津川隆康、藤田修平、虫上智、山口規子、和田直樹、渡邉英昭

プロフィール

団体のプロフィール

公益社団法人日本写真家協会(JPS)は、昭和25(1950)年の創立以来、写真家の創作活動を奨励し、写真家の職能と地位確立の活動を行っています。平成23(2011)年内閣府より公益社団法人への移行認定を受け活動しています。
正会員は1406名、名誉会員12名、賛助会員51社(2020年12月現在)で、わが国最大の職業写真家の組織です。写真著作権の啓発・普及、写真展の開催、写真技術に関する研究、国際交流などを通して、写真文化の発展に寄与しています。