Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

第20回(2018年度)三木淳賞受賞新作写真展
ニコンプラザ東京 THE GALLERY
田川 基成 写真展
見果てぬ海

会期

2020年11月17日(火) 〜 2020年11月30日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

人生の半分を育った島から離れて暮らした。ちょうど三十歳を過ぎた頃だったろうか。
ふと故郷の海のことをもっと知りたくなった。

私は長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島の沖合に浮かぶ小さな島で育った。あたりの海域はリアス式の複雑に入り組んだ地形で、日本の中でもっとも離島が多い。そこは有人島が70あまり、無人島も含めると約600もの島々が点在する多島海だ。島の西の沖には、遠く五島列島が連なっている。幼い頃からその海の向こうを見続けてきた。

島々は大陸に近く、古くから様々な人間や文化、宗教が海を越えて交わってきた。仏教は中国からもたらされ、神社も各地に存在する。大航海時代には、ポルトガル人やスペイン人がこの地にキリスト教を伝えた。そして、弾圧を生き延びたかくれキリシタンたち。この海では今もそうした信仰が混在し、共生する。人々は信じるものにかかわらず、同じその海で魚や鯨を獲り、急峻な土地を耕してきた。その営みの積層の上に、今の私たちは在る。

私は大人になったある日、はじめて目の前に広がる海を旅してみようと思った。

(田川基成)

※ニコンプラザ大阪 THE GALLERY 巡回展:2021年1月21日(木)~1月27日(水)

プロフィール

田川 基成(タガワ モトナリ)

1985年生まれ、長崎県の離島出身。
北海道大学農学部森林科学科卒業。

自身のルーツと暮らしてきた土地や旅の経験を通し、「移民」と文化の変遷、土地と記憶、宗教などに関心を持ち作品を撮る。2018年、千葉に住むイスラム教徒の移民家族の5年間を写した「ジャシム一家」で第20回三木淳賞受賞。

写真集
2020年 『見果てぬ海』 赤々舎

個展
2018年 「ジャシム一家」 新宿/大阪 ニコンプラザ THE GALLERY
2018年 「ジャシム一家」 札幌市教育文化会館
2017年 「ジャシム一家」 銀座/大阪ニコンサロン

グループ展
2016年 「Photobook as Object」展 Reminders Photography Stronghold (墨田区、東京)
2016年 「Between The Rivers」 東川国際写真フェスティバル

https://www.motonaritagawa.com/

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員